錦織はライバルとの激闘制すも…日本はデ杯ベスト8逃す

公開日: 更新日:

 エースの働きは徒労に終わった。

 男子テニスの国別対抗戦デビス杯ワールドグループ1回戦の日本―カナダ最終日は8日(日本時間9日)、カナダ・バンクーバーでシングルス2試合を行い、日本は通算2勝3敗で2年連続のベスト8進出を逃した。

 1勝2敗で後がない日本は1試合目で世界ランキング4位の錦織圭(25)が同6位のミロシュ・ラオニッチ(24)と対戦。ビッグサーバーとして知られる相手の第2セーブに絞って攻める戦術を徹底。サーブの威力が増すハードコートに一時はてこずりながらも、粘り強く相手のミスを誘う。最終第5セットでは、疲れからかラオニッチの第1サーブの精度が落ちたのを見逃さず、ベースラインより前方に立って積極的なリターンから試合の主導権を握った。3時間4分の接戦を制し、エースが今大会2勝目を挙げて日本の対戦成績を2勝2敗としたが、後が続かない。

 2戦目で添田豪(30=世界ランク86位)がバセク・ポスピシル(24=同62位)にストレート負け。日本の1回戦敗退が決まった。

 日本は9月18日からの入れ替え戦で、ワールドグループ残留をかけてグループ1上位国と対戦する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  3. 3

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  6. 6

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  7. 7

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  8. 8

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  9. 9

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

  10. 10

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

もっと見る