空席目立つのに「満員御礼」 相撲協会の“偽装”はいつから?

公開日: 更新日:

 櫓の上に吊るされた4文字の垂れ幕。相撲ファンなら誰しも見たことのある「満員御礼」の幕だが、空席がチラホラ目につく日も「満員」というのはおかしな話。現在は客席の7割強しか埋まっていなくても満員をうたうこともあるのだから嘘っぱちにも程がある。

 相撲協会がいつから満員御礼を周知するようになったかは定かではないが、明治時代に国技館が建てられた時から行っていることは確認されている。かつてはウソも誇張も一切ナシ。空席がひとつでもあれば、絶対に垂れ幕を出すことはなかった。それが変わってきたのは2000年代に入ってから。若貴ブームが去り、弟の貴乃花(現親方)が一人横綱を張っていた時代だ。

「間違いなく言えるのは北の湖親方(元横綱)が理事長に就任した02年以降です。それまでの厳格な基準をやめ、9割埋まっていれば満員御礼を出すようになった。それがしばらく続き、野球賭博が報じられた10年あたりから8割程度と徐々に緩和されてきた。その揚げ句、八百長騒動が起こった11年の9月場所では75%でも垂れ幕を出してしまった」(角界OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  4. 4

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  5. 5

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  6. 6

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  7. 7

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  10. 10

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

もっと見る