長嶋がすがった幻の逆転ホームラン

公開日: 更新日:

「そこは巨人がよく使っていた馴染みの店です。長嶋さんは相当悔しかったと思う。でも、ベンチであれだけ感情を表に出す人が、愚痴や未練がましいことは一切言わなかった。『君たちには申し訳ないが、私は辞めることになった』と淡々と語った。監督が言ったわけではないが、9月ごろから3位になれば監督は続投するとみんな思っていた。だから選手の尻を叩いて最終戦は全力で勝ちにいき、安心して帰京したらあの(解任)会見です。コーチ陣からは『巨人って何なんだよ!』という怒りの声が上がった。もちろん、そんなことはその場でしか言えない。悔しさ、怒り、失望などが錯綜し、豪華なコース料理はちっともおいしくなかった」

 長嶋が監督復帰会見を行うのはそれから12年後、92年10月のことである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

  10. 10

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る