勝利も大苦戦 平幕が手を叩いて喜ぶ“カモネギ横綱”日馬富士

公開日: 更新日:

 名ばかり横綱といわれても仕方がない。

 白鵬が豪風を一蹴し、日馬富士(30)の登場で迎えた春場所10日目の結びの一番。2日連続で金星を配給したばかりの横綱は、この日も苦戦した。相手は今場所4勝5敗と調子の悪い平幕の魁聖。ところが、精彩を欠く日馬富士は組んだ後にじりじりと土俵際に追い詰められ、何とか下手投げで魁聖を転がしたのは横綱としてのせめてもの意地だろう。

 今場所だけで日馬富士は平幕に3敗し、金星を3つも配給している。金星を得た力士は1場所につき、褒賞金4万円が本場所手当に上乗せされる。例えば、今場所通算2つ目の金星を獲得した逸ノ城なら8万円。これが年6回、現役引退まで続くのだからバカに出来ない額になる。

 歴代横綱で金星の最多配給は北の湖(現理事長)の53回。しかし、こちらは在位63場所だ。日馬富士は在位15場所にもかかわらず19個。しかも、横綱戦はほぼ確実に懸賞がかけられる。平幕からすれば「くみしやすい上に多額の懸賞金まで手に入る」横綱など、カモがネギを背負っているようにしか見えないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  3. 3

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  4. 4

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  7. 7

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  8. 8

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る