女子バレー日本代表がすがる新戦術「ハイブリッド6」の不安

公開日:  更新日:

 五輪2大会連続でのメダル獲得に向けて不安は尽きない。

 15日、来年のリオ五輪出場を目指す女子バレーボール日本代表が会見。今年8月22日に開幕するW杯(日本)で2位以内に入れば五輪出場権を獲得するだけに、真鍋政義監督(51)は「今年は再度、世界一にチャレンジする」と強い口調で語った。

 昨季はコートにいる6人が自由自在に攻撃参加する新戦術「ハイブリッド6」を導入したが、9月の世界選手権(イタリア)は7位に終わった。この敗因について主将の木村沙織(28)は「(ハイブリッド6の導入で)各選手は他のポジションでのプレーでも速さ、正確さを求められたけど、完璧ではなかった。個人のプレーばかりに気を取られて肝心のチームプレーが足りなかった」と分析。セッターの宮下遥(20)は「自分が自分がとなる選手ばかりで、それがチームのためにならなかった」と意思統一ができていなかったことを挙げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る