• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「好ドロー」にも落とし穴 全仏初戦快勝の錦織圭に“難題山積”

 全仏1回戦に登場した第5シードの錦織圭(25・世界ランク5位)は、地元フランスのP・マチュー(33=同123位)に3-0で勝利。2回戦にコマを進めた。

「まずは1勝できてうれしく思う。ここの(クレー)コートは(少し球足が)遅くてラリーが続きやすい。大事なゲーム、2セット目の最後を取れて集中力高め、3セットで勝てた。戦術をしっかり組み立てていけば、いいテニスができると思う」(錦織)

 今回の組み合わせは、ジョコビッチ(28・同1位)や6連覇がかかるクレーの王者・ナダル(28・同7位)とは決勝まで当たらない。スポーツ紙は、「恵まれたドロー」というが、テニスジャーナリストの塚越亘氏がこう語る。

「シード選手は、1回戦は勝って当たり前と思われている。錦織選手は重圧のかかる試合をものにして、とりあえず安心したことでしょう。でも、欧州選手にとって全仏は特別な大会です。欧州の国々はテレビでほとんどの試合をカバーする。生活の一部になっているといっても過言ではない。ウィンブルドン(全英)以上に勝ちたいと思っている選手は多い。球足が遅いクレーの試合は波乱が多い。ちょっとした隙からゲームの主導権を握られてしまうと苦戦します」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る