交流戦4連勝の阪神 西武・森封じで“雑音”シャットアウト

公開日:  更新日:

 阪神が絶好調だ。29日の西武戦に1-0で勝利し、交流戦は12球団で唯一の4連勝。一時は最下位に低迷していたが、借金も完済。首位DeNAとは4ゲーム差の3位で、じわじわと浮上しつつある。

 この日の対戦相手の西武には因縁の選手がいる。高卒2年目の森友哉(19)だ。大阪桐蔭高時代は藤浪とのバッテリーで甲子園の春夏連覇を経験。強打の捕手として、13年ドラフトでは西武が1位で一本釣りした。

 阪神は当時、毎年のように藤井、日高と他球団の捕手をかき集めていた。球団内でも将来の正捕手候補として森を1位指名すべきとの声が出たといわれているが、指名したのは投手の岩貞だった。

 森は、1年目の終盤から高校生離れしたパワフルな打撃をいかんなく発揮。今季は全試合でスタメン出場し、9本塁打をマーク。球宴の中間発表でも両リーグ最多得票を集めている。交流戦で打たれようものなら、「何で森を取らなかったのか」との声が再燃するのは必至だ。

 この日はその森を3タコに封じた。4連勝に加え、留飲を下げたに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る