交流戦4連勝の阪神 西武・森封じで“雑音”シャットアウト

公開日: 更新日:

 阪神が絶好調だ。29日の西武戦に1-0で勝利し、交流戦は12球団で唯一の4連勝。一時は最下位に低迷していたが、借金も完済。首位DeNAとは4ゲーム差の3位で、じわじわと浮上しつつある。

 この日の対戦相手の西武には因縁の選手がいる。高卒2年目の森友哉(19)だ。大阪桐蔭高時代は藤浪とのバッテリーで甲子園の春夏連覇を経験。強打の捕手として、13年ドラフトでは西武が1位で一本釣りした。

 阪神は当時、毎年のように藤井、日高と他球団の捕手をかき集めていた。球団内でも将来の正捕手候補として森を1位指名すべきとの声が出たといわれているが、指名したのは投手の岩貞だった。

 森は、1年目の終盤から高校生離れしたパワフルな打撃をいかんなく発揮。今季は全試合でスタメン出場し、9本塁打をマーク。球宴の中間発表でも両リーグ最多得票を集めている。交流戦で打たれようものなら、「何で森を取らなかったのか」との声が再燃するのは必至だ。

 この日はその森を3タコに封じた。4連勝に加え、留飲を下げたに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  4. 4

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  5. 5

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る