テニスはバブル真っ盛り 錦織は全仏8強でも賞金3500万円

公開日: 更新日:

「ウィンブルドンの賞金総額は4年間で2倍近くになった。近年の男子ツアーは、ジョコビッチやフェデラー、マレーやナダルといった、いわゆるビッグ4が人気を集め、放映権が高騰。大会チケットも高額なのによく売れる。全米や全豪は、センターコートにビッグカードをもってきて昼と夜の部の2部に分けて売り出し、収入を伸ばした。ニューヨーク・タイムズによれば、全米オープンテニスが開催される2週間のチケット収入は、ヤンキースの年間チケット収入を上回るそうです」

 人気面では、多彩な技を繰り出す錦織選手も無視できないという。

「今回の全仏はテレビ東京が地上波独占放送をしている。さらに今年のウィンブルドンでは、英国自動車メーカーのジャガーがオフィシャルカーに採用された。錦織選手が同社とアンバサダーとして契約しているということもあるのでしょう」(前出・塚越氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  4. 4

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  5. 5

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  6. 6

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  7. 7

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  8. 8

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  9. 9

    新型コロナワクチン接種 日本人の3割が恐れる副反応の実態

  10. 10

    武漢発じゃない? 昨年12月以前に「コロナ存在」の信憑性

もっと見る