黄アルム 「交通死亡事故」起こしても応援団が離れないワケ

公開日:  更新日:

【ニチレイレディス】千葉・袖ケ浦CC・新袖C=6584ヤード・パー72

 5年前から会場が千葉に移った今大会。同年から歴代優勝者には韓国人がズラリ。初日、5アンダーでトップに立ったのも韓国の黄アルム(27)だ。(2日目は通算6アンダーで3位タイ)

 アルムは昨年、乗用車を運転中に90歳の男性をはねて死亡させた。記者会見では関係者に深々と頭を下げて謝罪。遺族との示談が成立し、女子プロ協会からは1カ月間の会員権利停止処分を科された。

 あるツアー関係者が言う。

「あの事件後もアルムのことを悪く言うツアー関係者がいないのは、震災翌年の一件があるからです。エリエール女子オープンは12年、試合会場が四国から福島に移った。一部の女子プロが、『福島に行ったら体調を崩すかも』と欠場をほのめかした時、アルムは『被災者の人を励ますためにもみんな出ましょうよ』といって、参加を促した。この大会のコースは今年開場50周年。例年以上にトーナメントを盛り上げたい。韓国のアルムを応援している人はたくさんいます」

 ツアー2勝目を狙うアルムは「今季の調子は結構良い感じですが、スコアメークができていなくて。うまくかみあえば、とても良くなると期待しています」と語った。最終日はグリーン上でマイクを向けられるか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  4. 4

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る