黄アルム 「交通死亡事故」起こしても応援団が離れないワケ

公開日: 更新日:

【ニチレイレディス】千葉・袖ケ浦CC・新袖C=6584ヤード・パー72

 5年前から会場が千葉に移った今大会。同年から歴代優勝者には韓国人がズラリ。初日、5アンダーでトップに立ったのも韓国の黄アルム(27)だ。(2日目は通算6アンダーで3位タイ)

 アルムは昨年、乗用車を運転中に90歳の男性をはねて死亡させた。記者会見では関係者に深々と頭を下げて謝罪。遺族との示談が成立し、女子プロ協会からは1カ月間の会員権利停止処分を科された。

 あるツアー関係者が言う。

「あの事件後もアルムのことを悪く言うツアー関係者がいないのは、震災翌年の一件があるからです。エリエール女子オープンは12年、試合会場が四国から福島に移った。一部の女子プロが、『福島に行ったら体調を崩すかも』と欠場をほのめかした時、アルムは『被災者の人を励ますためにもみんな出ましょうよ』といって、参加を促した。この大会のコースは今年開場50周年。例年以上にトーナメントを盛り上げたい。韓国のアルムを応援している人はたくさんいます」

 ツアー2勝目を狙うアルムは「今季の調子は結構良い感じですが、スコアメークができていなくて。うまくかみあえば、とても良くなると期待しています」と語った。最終日はグリーン上でマイクを向けられるか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    前夫の浮気に子育ての苦労…菊池桃子「再婚」までの凸凹道

  5. 5

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  6. 6

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  7. 7

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  10. 10

    原監督が大城ベタ褒めで G小林に課せられる“世界一の捕手”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る