貧打と救援陣崩壊の巨人 早くも問われる「投打コーチ」の責任

公開日: 更新日:

 コーチは人柄で評価される仕事ではない。阿部、村田、坂本、長野ら、多数のタイトル経験者を擁しながらの体たらく。これが足かけ2年にわたって続いているのだから、その指導力に対する不満は球団内でも大きくなっている。

 25日の静岡市内での練習で、原監督が阿部を打撃指導したことからもそれが分かる。

■選手には実力至上主義

 今季からチーフ格となった斎藤雅樹投手コーチ(50)だってノホホンとしていられない。勝ちパターンの救援投手3人の6月の防御率は、山口3.86、マシソン3.86、沢村5.40と悪化の一途。七回以降に失点するとチームは14敗だ。こうなると、「勝利」ではなく、「敗戦の方程式」も同然。にもかかわらず、ただ手をこまねいているだけなのだ。

 ブルペン担当が長く、10年に一度チーフを任されたものの、その年は前年にリーグトップだった防御率2.94が同3位の3.89と大幅に悪化。わずか1年でブルペン担当へ逆戻りになった。こちらも当初からその手腕が不安視されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  5. 5

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  6. 6

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  7. 7

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  10. 10

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る