• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

1安打で負け投手も…西武・岸「好投」の裏に並外れた集中力

投稿日:  更新日:

 たった1安打で負け投手になったのだから泣くに泣けない。

 西武の岸(30)が10日の日本ハム戦で、ノーヒットノーランを逃すどころか2敗目(1勝)を喫した。

 七回1死までひとりの走者も許さない。八回先頭の近藤に二塁打を打たれて無安打無得点もなくなると、犠打とスクイズで決勝点を奪われた。

「先に点をやったから負けた。(相手の)大谷くんもいいピッチングをしていたので」と試合後の本人は肩を落とした。

「06年に東北学院大のエースとして日米野球に参加したころから集中力はバツグンだった。試合前のブルペンでは1球投げるごとにグラウンドの練習を見たり、スカウトの視線を気にしてキョロキョロしたりする投手が多い中、岸は脇目も振らずに投げ込んでた」とは古手のアマチュア担当記者だ。

 昨年5月のロッテ戦では四球を1つ許しただけのノーヒットノーランを達成。2年連続の快挙を予感させる好投の裏にあるのは並外れた集中力か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  3. 3

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  4. 4

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  10. 10

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

もっと見る