日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“お疲れ”でも魅せる松山があぶり出す日本人選手の体たらく

【ダンロップ・スリクソン福島オープン】(福島・グランディ那須白河GC=6954ヤード・パー72)

 日本ならラクチンなのだろう。

 今季国内ツアー初参戦の松山英樹(23)だ。2アンダー34位発進の2日目は5バーディー、ノーボギーの67で回り、通算7アンダー、3日目もスコアを3つ伸ばし10アンダー25位タイとした。首位とは7打差だが、「パターが入ればまだチャンスはある」と、逆転Vへの意欲を語った。

 全英オープンが悪天候で最終日が月曜まで延びたため、松山の全英からの帰国は大会前日の水曜日。羽田空港からそのまま会場へ直行し、練習ラウンドはハーフだけで、ほぼぶっつけ本番で試合に臨んだ。そして今週は米ツアーで共に戦うエースキャディーを休ませ、東北福祉大の学生にバッグを担がせている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事