“お疲れ”でも魅せる松山があぶり出す日本人選手の体たらく

公開日:  更新日:

【ダンロップ・スリクソン福島オープン】(福島・グランディ那須白河GC=6954ヤード・パー72)

 日本ならラクチンなのだろう。

 今季国内ツアー初参戦の松山英樹(23)だ。2アンダー34位発進の2日目は5バーディー、ノーボギーの67で回り、通算7アンダー、3日目もスコアを3つ伸ばし10アンダー25位タイとした。首位とは7打差だが、「パターが入ればまだチャンスはある」と、逆転Vへの意欲を語った。

 全英オープンが悪天候で最終日が月曜まで延びたため、松山の全英からの帰国は大会前日の水曜日。羽田空港からそのまま会場へ直行し、練習ラウンドはハーフだけで、ほぼぶっつけ本番で試合に臨んだ。そして今週は米ツアーで共に戦うエースキャディーを休ませ、東北福祉大の学生にバッグを担がせている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る