ヤクルト山本ヒヤリ…広島シアーホルツの打球が頭部直撃

公開日:  更新日:

 満員の神宮が静まり返ったのは、六回の広島の攻撃だった。3番・シアーホルツの強烈なライナー性の打球がマウンド上の山本の頭部を直撃したのだ。

 昏倒する山本のもとへ選手、トレーナーが慌てて駆け付ける。球場が騒然とする中、山本は体を起こして「大丈夫です」と呟いたものの、大事を取ってそのまま降板。病院へ向かった。

「意識はしっかりしていた。『投げます』と言っていたくらい。ただ、頭ですからね。しっかり検査してほしい」と、心配そうに話した真中監督。

 今年2月にはオリックスの丸毛が守備練習中に打球を側頭部に当て、急性硬膜外血腫の開頭手術を受けるアクシデントがあった。医師から「生命に関わるリスクがある」と告げられた丸毛は7月に引退を発表。大事に至らなかった山本は不幸中の幸いだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る