• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヤクルト山本ヒヤリ…広島シアーホルツの打球が頭部直撃

投稿日:  更新日:

 満員の神宮が静まり返ったのは、六回の広島の攻撃だった。3番・シアーホルツの強烈なライナー性の打球がマウンド上の山本の頭部を直撃したのだ。

 昏倒する山本のもとへ選手、トレーナーが慌てて駆け付ける。球場が騒然とする中、山本は体を起こして「大丈夫です」と呟いたものの、大事を取ってそのまま降板。病院へ向かった。

「意識はしっかりしていた。『投げます』と言っていたくらい。ただ、頭ですからね。しっかり検査してほしい」と、心配そうに話した真中監督。

 今年2月にはオリックスの丸毛が守備練習中に打球を側頭部に当て、急性硬膜外血腫の開頭手術を受けるアクシデントがあった。医師から「生命に関わるリスクがある」と告げられた丸毛は7月に引退を発表。大事に至らなかった山本は不幸中の幸いだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

もっと見る