ヤクルト山本ヒヤリ…広島シアーホルツの打球が頭部直撃

公開日: 更新日:

 満員の神宮が静まり返ったのは、六回の広島の攻撃だった。3番・シアーホルツの強烈なライナー性の打球がマウンド上の山本の頭部を直撃したのだ。

 昏倒する山本のもとへ選手、トレーナーが慌てて駆け付ける。球場が騒然とする中、山本は体を起こして「大丈夫です」と呟いたものの、大事を取ってそのまま降板。病院へ向かった。

「意識はしっかりしていた。『投げます』と言っていたくらい。ただ、頭ですからね。しっかり検査してほしい」と、心配そうに話した真中監督。

 今年2月にはオリックスの丸毛が守備練習中に打球を側頭部に当て、急性硬膜外血腫の開頭手術を受けるアクシデントがあった。医師から「生命に関わるリスクがある」と告げられた丸毛は7月に引退を発表。大事に至らなかった山本は不幸中の幸いだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  6. 6

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  7. 7

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  8. 8

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  9. 9

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る