12連敗の西武にOB苦言 「学習能力ない」「悔しさ見えない」

公開日:  更新日:

 常勝球団と呼ばれたのも今は昔だ。西武は2日のソフトバンク戦に負け、12連敗。所沢移転1年目の79年以来、36年ぶりのワーストタイ記録だ。

 高卒ルーキーの高橋光(前橋育英)を初先発させたものの、四回途中5安打4失点。野手陣も、再三のチャンスを凡打で自滅し、中村の30号3ランで得点しただけだった。

 36年前に西武に所属していたOBの山崎裕之氏は「選手が何も考えてないんだから当然でしょう」と、こう言う。

「調子が良けりゃイケイケドンドン。でも、大切なのはチーム状態が悪い時にいかに勝つか、です。例えば、調子の悪い打者に回ってきて犠飛なら1点入る場面の時。バットを短く持ってコンパクトなスイングで逆方向を狙えば、意外と打球は上がるものです。なのに、ブンブン振り回してしまう。同様の場面で相手が犠飛で得点しているのに、それを学んでいない。学習能力がないだけかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る