• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

首位ソフトBをまた手玉 7勝目オリ東明がとる“珍異名”とは

 またしても最強打線を手玉に取った。オリックスの東明大貴(26)が19日のソフトバンク戦に先発。7回を1失点に抑え、7勝目(5敗)を挙げたのだ。

「(被安打9で)常にランナーを背負って投げてましたけど、何とか粘ろうと思っていました。野手の方がしっかり守ってくれているので、もっと最後まで投げて勝ちたいですね」とは試合後の本人だ。

 社会人の富士重工から13年のドラフト2位で入団した右腕。今季はソフトバンク戦にめっぽう強く、この日の勝利が3勝目(1敗)。自身の勝ち星の半分近くをパの首位を独走する球界最強チームから稼いでいるのだから評価していい。

 持ち味はストライクゾーンの四隅を丁寧に、粘り強く突く投球。本来のピッチングが出来る日は手がつけられない一方、制球難に陥ることもしばしば。球威が飛び抜けてあるわけじゃないから、こういうときは相手打線の餌食になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  4. 4

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  5. 5

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  8. 8

    佐喜真氏はなぜ沖縄県知事選で日本会議との関係を隠すのか

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    ツアーを長く支えた主催者との良好関係を小林会長ブチ壊し

もっと見る