首位ソフトBをまた手玉 7勝目オリ東明がとる“珍異名”とは

公開日:  更新日:

 またしても最強打線を手玉に取った。オリックスの東明大貴(26)が19日のソフトバンク戦に先発。7回を1失点に抑え、7勝目(5敗)を挙げたのだ。

「(被安打9で)常にランナーを背負って投げてましたけど、何とか粘ろうと思っていました。野手の方がしっかり守ってくれているので、もっと最後まで投げて勝ちたいですね」とは試合後の本人だ。

 社会人の富士重工から13年のドラフト2位で入団した右腕。今季はソフトバンク戦にめっぽう強く、この日の勝利が3勝目(1敗)。自身の勝ち星の半分近くをパの首位を独走する球界最強チームから稼いでいるのだから評価していい。

 持ち味はストライクゾーンの四隅を丁寧に、粘り強く突く投球。本来のピッチングが出来る日は手がつけられない一方、制球難に陥ることもしばしば。球威が飛び抜けてあるわけじゃないから、こういうときは相手打線の餌食になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  7. 7

    日清食品が駅伝撤退の波紋 錦織&大坂との巨額契約も負担か

  8. 8

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    協議打ち切り…日韓レーダー照射問題をこじらせた政治の罪

もっと見る