首位ソフトBをまた手玉 7勝目オリ東明がとる“珍異名”とは

公開日: 更新日:

 またしても最強打線を手玉に取った。オリックスの東明大貴(26)が19日のソフトバンク戦に先発。7回を1失点に抑え、7勝目(5敗)を挙げたのだ。

「(被安打9で)常にランナーを背負って投げてましたけど、何とか粘ろうと思っていました。野手の方がしっかり守ってくれているので、もっと最後まで投げて勝ちたいですね」とは試合後の本人だ。

 社会人の富士重工から13年のドラフト2位で入団した右腕。今季はソフトバンク戦にめっぽう強く、この日の勝利が3勝目(1敗)。自身の勝ち星の半分近くをパの首位を独走する球界最強チームから稼いでいるのだから評価していい。

 持ち味はストライクゾーンの四隅を丁寧に、粘り強く突く投球。本来のピッチングが出来る日は手がつけられない一方、制球難に陥ることもしばしば。球威が飛び抜けてあるわけじゃないから、こういうときは相手打線の餌食になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  3. 3

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  4. 4

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る