首位ソフトBをまた手玉 7勝目オリ東明がとる“珍異名”とは

公開日: 更新日:

 またしても最強打線を手玉に取った。オリックスの東明大貴(26)が19日のソフトバンク戦に先発。7回を1失点に抑え、7勝目(5敗)を挙げたのだ。

「(被安打9で)常にランナーを背負って投げてましたけど、何とか粘ろうと思っていました。野手の方がしっかり守ってくれているので、もっと最後まで投げて勝ちたいですね」とは試合後の本人だ。

 社会人の富士重工から13年のドラフト2位で入団した右腕。今季はソフトバンク戦にめっぽう強く、この日の勝利が3勝目(1敗)。自身の勝ち星の半分近くをパの首位を独走する球界最強チームから稼いでいるのだから評価していい。

 持ち味はストライクゾーンの四隅を丁寧に、粘り強く突く投球。本来のピッチングが出来る日は手がつけられない一方、制球難に陥ることもしばしば。球威が飛び抜けてあるわけじゃないから、こういうときは相手打線の餌食になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  5. 5

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

もっと見る