• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「そりゃ、やりたい」 “大魔神”佐々木氏がベイ監督に意欲満々

 DeNAの次期監督レースに新展開だ。

 8日、スポーツニッポンが98年日本一達成時の主力で、「横浜史上最強助っ人」との呼び声のあるロバート・ローズ氏(48)を次期監督の有力候補であると報じた。

 球団は複数の監督候補をリストアップしているが、すでにオファーを断った人物もいるとみられ、人選は難航しているという。さる横浜OBは、「ローズ氏に加え、監督経験者として牛島和彦氏(54)らの名前も聞こえてくる。98年日本一時のクローザー・佐々木主浩氏(47)も、球団内に反対論者がいるとはいえ、可能性はゼロではない」と話す。

 佐々木氏は日米通算381セーブを挙げた大投手だが、指導者経験はない。ただ、高田GMは以前、監督候補について「経験にこだわるとなかなかいい人はいない」とも言っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る