「そりゃ、やりたい」 “大魔神”佐々木氏がベイ監督に意欲満々

公開日:  更新日:

 DeNAの次期監督レースに新展開だ。

 8日、スポーツニッポンが98年日本一達成時の主力で、「横浜史上最強助っ人」との呼び声のあるロバート・ローズ氏(48)を次期監督の有力候補であると報じた。

 球団は複数の監督候補をリストアップしているが、すでにオファーを断った人物もいるとみられ、人選は難航しているという。さる横浜OBは、「ローズ氏に加え、監督経験者として牛島和彦氏(54)らの名前も聞こえてくる。98年日本一時のクローザー・佐々木主浩氏(47)も、球団内に反対論者がいるとはいえ、可能性はゼロではない」と話す。

 佐々木氏は日米通算381セーブを挙げた大投手だが、指導者経験はない。ただ、高田GMは以前、監督候補について「経験にこだわるとなかなかいい人はいない」とも言っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る