• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メッツはWS出場も…コリンズ監督「今季限りで退任」の根拠

「九回には周りを見回しながら、いったいどうやってここまでたどり着いたのだろうと感慨に浸っていた。ここまで待ったかいがあった」

 ナ・リーグ優勝決定戦でカブスに4連勝、15年ぶりのワールドシリーズ出場を決めたメッツのテリー・コリンズ監督(66)が声を弾ませながら喜びを口にした。

 今季はメジャー18年目のベテラン右腕コローン(42=14勝)、若手のデグロム(27=14勝)、ハービー(26=13勝)らを中心とした投手力でレギュラーシーズンを勝ち上がった。ポストシーズンでも危なげない戦い方でドジャース、カブスを退けてリーグ優勝。投手、野手とも伸び盛りの若手を積極的に起用してチームを躍進させたコリンズ監督の手腕は高く評価され、今季のナの最優秀監督候補に挙がっている。

 メッツにとっては低迷期を乗り越えた功労者だが、今季限りで契約が切れるにもかかわらず、現時点で球団にはコリンズ監督と再契約する動きはない。今季は主力、若手とも結果を残したため、表面化しなかったが、かねて指揮官と選手の間には確執がささやかれていた。選手に厳し過ぎる同監督の言動が原因だという。球団フロントは一歩間違えば、来季はチームが崩壊しかねないとコリンズ監督との契約延長に二の足を踏んでいるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る