メッツはWS出場も…コリンズ監督「今季限りで退任」の根拠

公開日: 更新日:

「九回には周りを見回しながら、いったいどうやってここまでたどり着いたのだろうと感慨に浸っていた。ここまで待ったかいがあった」

 ナ・リーグ優勝決定戦でカブスに4連勝、15年ぶりのワールドシリーズ出場を決めたメッツのテリー・コリンズ監督(66)が声を弾ませながら喜びを口にした。

 今季はメジャー18年目のベテラン右腕コローン(42=14勝)、若手のデグロム(27=14勝)、ハービー(26=13勝)らを中心とした投手力でレギュラーシーズンを勝ち上がった。ポストシーズンでも危なげない戦い方でドジャース、カブスを退けてリーグ優勝。投手、野手とも伸び盛りの若手を積極的に起用してチームを躍進させたコリンズ監督の手腕は高く評価され、今季のナの最優秀監督候補に挙がっている。

 メッツにとっては低迷期を乗り越えた功労者だが、今季限りで契約が切れるにもかかわらず、現時点で球団にはコリンズ監督と再契約する動きはない。今季は主力、若手とも結果を残したため、表面化しなかったが、かねて指揮官と選手の間には確執がささやかれていた。選手に厳し過ぎる同監督の言動が原因だという。球団フロントは一歩間違えば、来季はチームが崩壊しかねないとコリンズ監督との契約延長に二の足を踏んでいるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  5. 5

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    「ご三家に合格する子」の家庭環境をプロ家庭教師が明かす

  8. 8

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  9. 9

    国広富子さんは高級パンプス履き平壌の党幹部住宅で生活

  10. 10

    巨人は首位浮上も…守護神マシソン“傷だらけ”で離脱危機

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る