U18代表4番で活躍も…勝俣の進学の裏に“アマ球界ドンの影”

公開日:  更新日:

 U-18では不振の清宮に代わって日本代表の4番も打ち、通算打率5割5分6厘、12打点。木製バットを苦にせず、本塁打も放った。本人はプロ志向が強く、プロ志望届を提出していた。なのに22日のドラフト会議でプロ側から指名されなかったのが勝俣翔貴(東海大菅生)だ。

「勝俣は2位縛りがあった」と、在京球団のスカウトがこう解説する。

「つまり2位以内、1位か2位指名でなければプロには行かないと、プロ球団は事前に勝俣サイドから通告されていたのです。東海大菅生ではエース兼4番でしたけど、プロからは野手として評価されていた。本来なら下位まで残っている選手ではないのですが、2位縛りがある以上、1位か2位で指名しなければ取れない。それでプロ側は指名を見送るしかなかったのです。勝俣には、何しろ強力なバックがいますから」

 強力なバック?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る