• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

1億円の“ニンジン”も効果なく 女子マラソン暗黒時代の予兆

 何度同じ話を聞いたことか。

 来年のリオ五輪女子マラソン国内選考会レースのさいたま国際マラソンが15日に行われ、エチオピアのアツェデ・バイサ(28)が2時間25分44秒で優勝。日本人では地元埼玉県出身の吉田香織(34=写真)が2時間28分43秒で2位に入った。終盤は独走で勝ったバイサは「アップダウンがあると聞いていたが、予想したほどではなかった。非常に簡単で楽しみながら走ることができた。こんなに簡単に走れたマラソンはこれまでなかった」と、楽なレースに拍子抜けといった様子だった。

 一方の日本選手は、国内で最初の五輪選考レースというのにトップの吉田が1位から3分遅れの28分台では話にならない。日本陸連の酒井勝充強化副委員長は、「(日本選手は)力が足りなかった。女子の(五輪選考)レースはこれから2試合続くので、30キロ以降をどう走るかという課題を頭に入れて練習に取り組んでほしい」と語った。そんなことは選手も指導者も百も承知しているはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    池谷幸雄氏が激白 塚原夫妻“権力の実態”と体操協会の暗部

もっと見る