手術明けのマー君&ダル ともにブルペン入りで納得の調整

公開日: 更新日:

 ともに右肘手術からの復活を目指す日本人エース右腕が、まずは順調な回復ぶりを見せている。

 まずは昨年10月に右肘の骨片(通称ねずみ)除去手術を受けたヤンキース・田中将大(27)はフロリダ州タンパの球団施設で2度目の投球練習。変化球を交えて31球を投げた。

 田中は「(力加減を)コントロールして投げられているのでいいと思う」と話したが、首脳陣は慎重な姿勢を崩さない。ロスチャイルド投手コーチは4月4日のアストロズとの開幕戦登板について「今後の調整具合を見てからでないと分からない」と明言は避けた。

 一方、昨年3月に右肘のトミー・ジョン手術を受けたレンジャーズ・ダルビッシュ有(29)はテキサス州サプライズのキャンプ地でブルペン入り。術後、初めての投球練習は通常の半分程度の高さのマウンドを使用して、患部の状態や感触を確かめるように直球のみ17球を投げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  4. 4

    森喜朗の正論にIOCが無理難題 やめたやめた!五輪返上!

  5. 5

    格差広げる中高一貫校 子供の未来は12歳で決まってしまう

  6. 6

    FA美馬&鈴木獲りで“金満”原監督「人的補償は敵」の大放言

  7. 7

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  8. 8

    物事の本質触れず都合のいい数字だけ持ち出す「安倍語法」

  9. 9

    エロス全開でも恋愛封印…田中みな実が抜け出せない“過去”

  10. 10

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<3>人間関係が苦痛に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る