• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

手術明けのマー君&ダル ともにブルペン入りで納得の調整

 ともに右肘手術からの復活を目指す日本人エース右腕が、まずは順調な回復ぶりを見せている。

 まずは昨年10月に右肘の骨片(通称ねずみ)除去手術を受けたヤンキース・田中将大(27)はフロリダ州タンパの球団施設で2度目の投球練習。変化球を交えて31球を投げた。

 田中は「(力加減を)コントロールして投げられているのでいいと思う」と話したが、首脳陣は慎重な姿勢を崩さない。ロスチャイルド投手コーチは4月4日のアストロズとの開幕戦登板について「今後の調整具合を見てからでないと分からない」と明言は避けた。

 一方、昨年3月に右肘のトミー・ジョン手術を受けたレンジャーズ・ダルビッシュ有(29)はテキサス州サプライズのキャンプ地でブルペン入り。術後、初めての投球練習は通常の半分程度の高さのマウンドを使用して、患部の状態や感触を確かめるように直球のみ17球を投げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る