手術明けのマー君&ダル ともにブルペン入りで納得の調整

公開日:  更新日:

 ともに右肘手術からの復活を目指す日本人エース右腕が、まずは順調な回復ぶりを見せている。

 まずは昨年10月に右肘の骨片(通称ねずみ)除去手術を受けたヤンキース・田中将大(27)はフロリダ州タンパの球団施設で2度目の投球練習。変化球を交えて31球を投げた。

 田中は「(力加減を)コントロールして投げられているのでいいと思う」と話したが、首脳陣は慎重な姿勢を崩さない。ロスチャイルド投手コーチは4月4日のアストロズとの開幕戦登板について「今後の調整具合を見てからでないと分からない」と明言は避けた。

 一方、昨年3月に右肘のトミー・ジョン手術を受けたレンジャーズ・ダルビッシュ有(29)はテキサス州サプライズのキャンプ地でブルペン入り。術後、初めての投球練習は通常の半分程度の高さのマウンドを使用して、患部の状態や感触を確かめるように直球のみ17球を投げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

もっと見る