手術明けのマー君&ダル ともにブルペン入りで納得の調整

公開日: 更新日:

 ともに右肘手術からの復活を目指す日本人エース右腕が、まずは順調な回復ぶりを見せている。

 まずは昨年10月に右肘の骨片(通称ねずみ)除去手術を受けたヤンキース・田中将大(27)はフロリダ州タンパの球団施設で2度目の投球練習。変化球を交えて31球を投げた。

 田中は「(力加減を)コントロールして投げられているのでいいと思う」と話したが、首脳陣は慎重な姿勢を崩さない。ロスチャイルド投手コーチは4月4日のアストロズとの開幕戦登板について「今後の調整具合を見てからでないと分からない」と明言は避けた。

 一方、昨年3月に右肘のトミー・ジョン手術を受けたレンジャーズ・ダルビッシュ有(29)はテキサス州サプライズのキャンプ地でブルペン入り。術後、初めての投球練習は通常の半分程度の高さのマウンドを使用して、患部の状態や感触を確かめるように直球のみ17球を投げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  3. 3

    DeNA筒香が大打撃…侍メンバー漏れでメジャー挑戦に暗雲

  4. 4

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  5. 5

    南アに“ジェイミー流”で屈辱ノートライ W杯4強逃した背景

  6. 6

    安倍昭恵夫人の“奇抜ドレス”「即位礼正殿の儀」をブチ壊し

  7. 7

    CS出場なのに…阪神“蚊帳の外”侍Jに選出ゼロという悲哀

  8. 8

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  9. 9

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  10. 10

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る