Bリーグはウハウハ ソフトBと年30億円契約の波及効果絶大

公開日:  更新日:

 今秋開幕の男子プロバスケット「Bリーグ」が10日、トップスポンサーに通信大手ソフトバンクと契約を結んだと発表した。

 それも年間30億円・4年契約の大型契約ともっぱら。日本バスケットボール協会・川淵三郎会長(79)は「(2月上旬から)トントン拍子で話が進み、孫(正義=58・ソフトバンクグループ代表)さんから夢のような話をいただいた。この時点でBリーグは成功したと言っていい」と喜色満面である。

 ソフトバンクが支援に名乗りを上げ、その波及効果で「他に5社くらいスポンサー企業が決まりそう」(マスコミ関係者)。これが年間2億円として計10億円。オールスターなど主管試合、放映権料、グッズ販売などの売り上げで10億円が入れば、Bリーグは50億円規模となる。これまで不人気にあえいできたバスケを思えば、まさに「夢のような」数字である。

 Jリーグの元チェアマン、日本サッカー協会の元会長として知られている川淵会長。サッカー界からは「なぜ不景気Jリーグを助けてくれないのか」の恨み節も――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    手当削減で高給に陰り…セールスポイント失った銀行の惨状

  9. 9

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る