Bリーグはウハウハ ソフトBと年30億円契約の波及効果絶大

公開日:  更新日:

 今秋開幕の男子プロバスケット「Bリーグ」が10日、トップスポンサーに通信大手ソフトバンクと契約を結んだと発表した。

 それも年間30億円・4年契約の大型契約ともっぱら。日本バスケットボール協会・川淵三郎会長(79)は「(2月上旬から)トントン拍子で話が進み、孫(正義=58・ソフトバンクグループ代表)さんから夢のような話をいただいた。この時点でBリーグは成功したと言っていい」と喜色満面である。

 ソフトバンクが支援に名乗りを上げ、その波及効果で「他に5社くらいスポンサー企業が決まりそう」(マスコミ関係者)。これが年間2億円として計10億円。オールスターなど主管試合、放映権料、グッズ販売などの売り上げで10億円が入れば、Bリーグは50億円規模となる。これまで不人気にあえいできたバスケを思えば、まさに「夢のような」数字である。

 Jリーグの元チェアマン、日本サッカー協会の元会長として知られている川淵会長。サッカー界からは「なぜ不景気Jリーグを助けてくれないのか」の恨み節も――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る