グランドスラム王手マキロイ 9位発進で蘇る5年前の“屈辱”

公開日: 更新日:

【マスターズ】

 史上6人目のキャリアグランドスラムに王手をかけているR・マキロイ(26)が、「圏内」につけた。

 マキロイといえば、2011年大会の大乱調が記憶に新しい。最終日、2位グループに4打差の12アンダーで首位スタートしたが、下位のウッズなどがチャージをかけ、バック9に入ると1打差の10アンダーに4、5人がひしめく大混戦に。

 じわじわプレッシャーを受けるマキロイは10番、左に引っ掛けた第1打が木に当たり、左サイドにあるコテージの間に落ちた。結局このホールをトリプルボギーとし、8アンダーまでスコアを落とすと、11番ボギー、12番ダブルボギーで自滅。80を叩いて通算4アンダー。優勝したシュワーツェルと10打差の15位に終わった。

 そのシュワーツェルは「彼は優秀な選手だ。いつか必ずメジャー大会で優勝できるよ」と、マキロイにエールを送ると、その2カ月後に全米オープンで頂点に立った。

「もう少しよいスコアが出たかもしれないが、今日はタフな日だったので、トップ10に入ることは難しいことだった。まだ(首位の)ジョーダンは届く距離にいる」(マキロイ)

 5年前の屈辱を脳裏から消すには、グリーンジャケットを手にするしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    V争うオリは大迷惑! 公式戦で日ハム斎藤佑樹の引退試合 “三振お約束”にも球界OB苦言

    V争うオリは大迷惑! 公式戦で日ハム斎藤佑樹の引退試合 “三振お約束”にも球界OB苦言

  2. 2
    大越健介キャスターがつまらない! テレ朝「報ステ」は何に遠慮しているのか

    大越健介キャスターがつまらない! テレ朝「報ステ」は何に遠慮しているのか

  3. 3
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  4. 4
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

  5. 5
    速報!2021年秋ドラマ前半戦を採点「恋です!」「日本沈没」「スナックキズツキ」

    速報!2021年秋ドラマ前半戦を採点「恋です!」「日本沈没」「スナックキズツキ」

もっと見る

  1. 6
    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか

    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか

  2. 7
    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8
    NHK朝ドラ「舞い上がれ!」ヒロインは誰が? 異例オーディション選考に芸能プロは疑心暗鬼

    NHK朝ドラ「舞い上がれ!」ヒロインは誰が? 異例オーディション選考に芸能プロは疑心暗鬼

  4. 9
    眞子さま結婚で皇位継承さらに先細り…「旧宮家の復活」「愛子さまとの養子縁組」って何だ?

    眞子さま結婚で皇位継承さらに先細り…「旧宮家の復活」「愛子さまとの養子縁組」って何だ?

  5. 10
    引退する日本ハム斎藤佑樹はなぜプロで活躍できなかったか

    引退する日本ハム斎藤佑樹はなぜプロで活躍できなかったか