グランドスラム王手マキロイ 9位発進で蘇る5年前の“屈辱”

公開日:  更新日:

【マスターズ】

 史上6人目のキャリアグランドスラムに王手をかけているR・マキロイ(26)が、「圏内」につけた。

 マキロイといえば、2011年大会の大乱調が記憶に新しい。最終日、2位グループに4打差の12アンダーで首位スタートしたが、下位のウッズなどがチャージをかけ、バック9に入ると1打差の10アンダーに4、5人がひしめく大混戦に。

 じわじわプレッシャーを受けるマキロイは10番、左に引っ掛けた第1打が木に当たり、左サイドにあるコテージの間に落ちた。結局このホールをトリプルボギーとし、8アンダーまでスコアを落とすと、11番ボギー、12番ダブルボギーで自滅。80を叩いて通算4アンダー。優勝したシュワーツェルと10打差の15位に終わった。

 そのシュワーツェルは「彼は優秀な選手だ。いつか必ずメジャー大会で優勝できるよ」と、マキロイにエールを送ると、その2カ月後に全米オープンで頂点に立った。

「もう少しよいスコアが出たかもしれないが、今日はタフな日だったので、トップ10に入ることは難しいことだった。まだ(首位の)ジョーダンは届く距離にいる」(マキロイ)

 5年前の屈辱を脳裏から消すには、グリーンジャケットを手にするしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る