グランドスラム王手マキロイ 9位発進で蘇る5年前の“屈辱”

公開日: 更新日:

【マスターズ】

 史上6人目のキャリアグランドスラムに王手をかけているR・マキロイ(26)が、「圏内」につけた。

 マキロイといえば、2011年大会の大乱調が記憶に新しい。最終日、2位グループに4打差の12アンダーで首位スタートしたが、下位のウッズなどがチャージをかけ、バック9に入ると1打差の10アンダーに4、5人がひしめく大混戦に。

 じわじわプレッシャーを受けるマキロイは10番、左に引っ掛けた第1打が木に当たり、左サイドにあるコテージの間に落ちた。結局このホールをトリプルボギーとし、8アンダーまでスコアを落とすと、11番ボギー、12番ダブルボギーで自滅。80を叩いて通算4アンダー。優勝したシュワーツェルと10打差の15位に終わった。

 そのシュワーツェルは「彼は優秀な選手だ。いつか必ずメジャー大会で優勝できるよ」と、マキロイにエールを送ると、その2カ月後に全米オープンで頂点に立った。

「もう少しよいスコアが出たかもしれないが、今日はタフな日だったので、トップ10に入ることは難しいことだった。まだ(首位の)ジョーダンは届く距離にいる」(マキロイ)

 5年前の屈辱を脳裏から消すには、グリーンジャケットを手にするしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  3. 3

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  6. 6

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

  7. 7

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  8. 8

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  9. 9

    オスカー退所の剛力彩芽に復活の兆し セレブが板に付いた

  10. 10

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

もっと見る