グランドスラム王手マキロイ 9位発進で蘇る5年前の“屈辱”

公開日: 更新日:

【マスターズ】

 史上6人目のキャリアグランドスラムに王手をかけているR・マキロイ(26)が、「圏内」につけた。

 マキロイといえば、2011年大会の大乱調が記憶に新しい。最終日、2位グループに4打差の12アンダーで首位スタートしたが、下位のウッズなどがチャージをかけ、バック9に入ると1打差の10アンダーに4、5人がひしめく大混戦に。

 じわじわプレッシャーを受けるマキロイは10番、左に引っ掛けた第1打が木に当たり、左サイドにあるコテージの間に落ちた。結局このホールをトリプルボギーとし、8アンダーまでスコアを落とすと、11番ボギー、12番ダブルボギーで自滅。80を叩いて通算4アンダー。優勝したシュワーツェルと10打差の15位に終わった。

 そのシュワーツェルは「彼は優秀な選手だ。いつか必ずメジャー大会で優勝できるよ」と、マキロイにエールを送ると、その2カ月後に全米オープンで頂点に立った。

「もう少しよいスコアが出たかもしれないが、今日はタフな日だったので、トップ10に入ることは難しいことだった。まだ(首位の)ジョーダンは届く距離にいる」(マキロイ)

 5年前の屈辱を脳裏から消すには、グリーンジャケットを手にするしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

  10. 10

    先物が最高値 GW10連休を襲うガソリン髙と値上げラッシュ

もっと見る