金本掛布の“秘蔵っ子”陽川 虎一軍サバイバルへの課題

公開日: 更新日:

「掛布二軍監督がずっと4番に置いていたのは、メンタル強化の意味合いがあった。二軍とはいえ、4番を打つことでその重みを感じてほしいというね。それがひいては、一軍でプレーする際にプラスになるという考えだったそうです」(球界関係者)

 陽川は阪神の中で数少ない長打が魅力の選手だが、一軍で活躍するためには課題もある。失投を逃さなくなってきてはいる。しかも、オーナー、金本監督が見に来て一発打つくらいだから運もある。ただ、まだ二軍でも、打ち損じがある。逆球や真ん中に甘く入ったボールをきちんと安打にする確実性を上げていく必要がある。あとは、一軍の大舞台でしっかり状況判断ができるかだ。

「二軍の首脳陣によると、マジメで高い集中力は持っているけど、ポカがあるというか、視野が狭くなってしまうことがあるというからね。打席では塁上に走者がいるかいないか、カウントはどうかで狙い球を絞れるか。守備、走塁ではとっさの判断ができるか、大事な場面でミスをしないか。そのあたりがカギを握ると思う」(阪神OB)

 生き残りをかけた戦いが間もなく始まる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    19歳“金の卵”スチュワートはソフトBの熱意にほだされた

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    単身者は6割が「厳しい」と…年金生活で月5万円浮かすコツ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る