故障者続出で負担増確実 則本“酷使”で高まる米移籍願望

公開日:  更新日:

 楽天は二塁の藤田が肋骨骨折、右翼の岡島が椎間関節炎、そして14日には三塁の今江が左尺骨骨挫傷で3週間安静の大ケガ。いずれも開幕からチームの好スタートを支えてきた主力野手の離脱が続いている。

 ダジャレを飛ばしてご機嫌だった梨田監督も「緊急事態」と笑顔がなくなり、14日にはドラ1ルーキーのオコエ瑠偉を二軍に落とした。もはや、戦力にならない新人をベンチに置く余裕がなくなったわけだが、そんな「緊急事態」で一気に負担が増しそうなのが、15日のソフトバンク戦に先発した則本昂大(25)だ。

 7回3失点で今季初黒星を喫するも、打たれた安打は内川の3ランを含む2本だけ。120球を力投した。これで3勝1敗、投球回数30イニングはリーグトップだ。
 ただでさえ、楽天は選手層に不安がある。野手はもとより、先発も計算できるのは則本くらい。今後はフル回転を余儀なくされ、ちょっとやそっとの痛いかゆいで休むなど許されない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る