• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

故障者続出で負担増確実 則本“酷使”で高まる米移籍願望

 楽天は二塁の藤田が肋骨骨折、右翼の岡島が椎間関節炎、そして14日には三塁の今江が左尺骨骨挫傷で3週間安静の大ケガ。いずれも開幕からチームの好スタートを支えてきた主力野手の離脱が続いている。

 ダジャレを飛ばしてご機嫌だった梨田監督も「緊急事態」と笑顔がなくなり、14日にはドラ1ルーキーのオコエ瑠偉を二軍に落とした。もはや、戦力にならない新人をベンチに置く余裕がなくなったわけだが、そんな「緊急事態」で一気に負担が増しそうなのが、15日のソフトバンク戦に先発した則本昂大(25)だ。

 7回3失点で今季初黒星を喫するも、打たれた安打は内川の3ランを含む2本だけ。120球を力投した。これで3勝1敗、投球回数30イニングはリーグトップだ。
 ただでさえ、楽天は選手層に不安がある。野手はもとより、先発も計算できるのは則本くらい。今後はフル回転を余儀なくされ、ちょっとやそっとの痛いかゆいで休むなど許されない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  2. 2

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  9. 9

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る