パのOB3人が分析 首位楽天、2位ロッテはなぜ快進撃?

公開日:  更新日:

 開幕前に誰がこの順位を予想しただろうか。11日現在、パの首位を走るのは昨季最下位だった楽天。ロッテ、西武が同率2位で続き、V3を狙うソフトバンクは4位に沈んでいる。

 楽天の目立った補強といえば、メジャー通算162本塁打の新助っ人ゴームズくらいだが、現在の打率は2割。

 ロッテは強打の助っ人ナバーロが実弾所持のためにいまだ試合に出場できず、今江、クルーズの内野手2人は移籍した。にもかかわらず、この2球団は快進撃を続けている。

 両軍ともに特筆すべきは投手陣だろう。ロッテはリーグトップのチーム防御率2.88、楽天は同2位の3.30。エースの則本、涌井は開幕から3戦3勝と好調で、さらにリリーフ陣の活躍も見逃せない。ロッテは抑えの西野を中心に内、益田ら勝利の方程式が機能しており、楽天も左腕の守護神、松井裕が盤石だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

  7. 7

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    菊池雄星争奪戦 カネ以外のポイントは球場内の環境にあり

もっと見る