橋本清
著者のコラム一覧
橋本清野球評論家

1969年5月22日、大阪府摂津市生まれ。PL学園から87年のドラフト1位で巨人に入団。高校3年時には立浪、片岡らとともに甲子園で春夏連覇を達成。巨人では主にセットアッパーとして活躍。93、94年には2年連続で52試合に登板し、当時の長嶋監督が命名した「勝利の方程式」の一翼を担った。01年にダイエーに移籍し、同年に現役を引退。プロ14年で通算134試合に登板して9勝12敗8セーブ。各球団に幅広い人脈を誇る。

ハム中田の張り合いは第2子誕生と5000万円超スーパーカー

公開日: 更新日:

 やっと出ました。

 11日のオリックス戦で4番の中田翔(27)が初回に先制の5号2ラン。ナインの出迎えに満面の笑みで応えていましたが、数日前に会った際にはずっとふさぎ込んでいました。

「スッキリしませんね。やっぱり、ホームランが出ないから。一発が出ないと、自分もチームも乗ってこない。ほんま、モヤモヤしっぱなし。どうしたらええんでしょう」

 この日の試合前までの成績は打率.250、4本塁打、24打点。打点はリーグ3位タイとしているものの、「4番の数字じゃない」と珍しく弱音を吐いていたのです。

「ストレス発散? あまり出歩く気にもなれないんですよね。部屋で缶のチューハイをちょっと飲んだだけで、酔っぱらっちゃったり……。年ですかね。すっかり酒も弱くなっちゃいましたよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  2. 2

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  9. 9

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

  10. 10

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

もっと見る