橋本清
著者のコラム一覧
橋本清野球評論家

1969年5月22日、大阪府摂津市生まれ。PL学園から87年のドラフト1位で巨人に入団。高校3年時には立浪、片岡らとともに甲子園で春夏連覇を達成。巨人では主にセットアッパーとして活躍。93、94年には2年連続で52試合に登板し、当時の長嶋監督が命名した「勝利の方程式」の一翼を担った。01年にダイエーに移籍し、同年に現役を引退。プロ14年で通算134試合に登板して9勝12敗8セーブ。各球団に幅広い人脈を誇る。

ハム中田の張り合いは第2子誕生と5000万円超スーパーカー

公開日:  更新日:

 やっと出ました。

 11日のオリックス戦で4番の中田翔(27)が初回に先制の5号2ラン。ナインの出迎えに満面の笑みで応えていましたが、数日前に会った際にはずっとふさぎ込んでいました。

「スッキリしませんね。やっぱり、ホームランが出ないから。一発が出ないと、自分もチームも乗ってこない。ほんま、モヤモヤしっぱなし。どうしたらええんでしょう」

 この日の試合前までの成績は打率.250、4本塁打、24打点。打点はリーグ3位タイとしているものの、「4番の数字じゃない」と珍しく弱音を吐いていたのです。

「ストレス発散? あまり出歩く気にもなれないんですよね。部屋で缶のチューハイをちょっと飲んだだけで、酔っぱらっちゃったり……。年ですかね。すっかり酒も弱くなっちゃいましたよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る