• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
橋本清
著者のコラム一覧
橋本清野球評論家

1969年5月22日、大阪府摂津市生まれ。PL学園から87年のドラフト1位で巨人に入団。高校3年時には立浪、片岡らとともに甲子園で春夏連覇を達成。巨人では主にセットアッパーとして活躍。93、94年には2年連続で52試合に登板し、当時の長嶋監督が命名した「勝利の方程式」の一翼を担った。01年にダイエーに移籍し、同年に現役を引退。プロ14年で通算134試合に登板して9勝12敗8セーブ。各球団に幅広い人脈を誇る。

ハム中田の張り合いは第2子誕生と5000万円超スーパーカー

 やっと出ました。

 11日のオリックス戦で4番の中田翔(27)が初回に先制の5号2ラン。ナインの出迎えに満面の笑みで応えていましたが、数日前に会った際にはずっとふさぎ込んでいました。

「スッキリしませんね。やっぱり、ホームランが出ないから。一発が出ないと、自分もチームも乗ってこない。ほんま、モヤモヤしっぱなし。どうしたらええんでしょう」

 この日の試合前までの成績は打率.250、4本塁打、24打点。打点はリーグ3位タイとしているものの、「4番の数字じゃない」と珍しく弱音を吐いていたのです。

「ストレス発散? あまり出歩く気にもなれないんですよね。部屋で缶のチューハイをちょっと飲んだだけで、酔っぱらっちゃったり……。年ですかね。すっかり酒も弱くなっちゃいましたよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る