山崎強化本部長が決断 新体操はリオ本番直前まで競争に

公開日:  更新日:

「主将の私も例外ではありません。うかうかしていると代表から外されてしまいます」

 新体操日本代表の団体で主将を務める杉本早裕吏(20=日体大)が悲壮感をあらわにした。

 15日は都内で代表候補9人による演技披露会を行い、サンバ調のリズムに乗せたリボンとフープ・クラブを実施した。

 今後は国内やロシアでの合宿を経て7月1日からのW杯ドイツ・ベルリン大会を経て五輪本番に臨む。昨年の世界選手権(ドイツ・シュツットガルト)では団体リボンで40年ぶりとなる銅メダルを獲得したが、そのメンバー(杉本、畠山、国井、松原、熨斗谷、横田)もリオのフロアで演技できるとは限らない。

 山崎浩子強化本部長は「(昨年の)メンバーは最近、停滞気味。一度、壊さないといけない」とリオ本番直前まで現在の9人から6人(補欠1人含む)まで絞り込みを続ける方針だからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る