錦織 逆転で2年ぶり3回戦進出「アグレッシブにいった」

公開日:  更新日:

 満身創痍の錦織圭(26)が逆転で3回戦進出を果たした。

 テニスのウィンブルドン選手権は30日(現地時間)、男子シングルス2回戦を行い、世界ランク6位で第5シードの錦織が同547位のジュリアン・ベネトー(34)と対戦。セットカウント3-1で下し、伝統の大会のメーン会場であるセンターコートで初勝利を挙げた。

 今大会を前に左脇腹を痛めてプレーに精彩を欠く錦織。試合前の練習コートでは七分程度の力でウオーミングアップを繰り返すなど、不安をのぞかせた。動きにキレのない錦織は、立ち上がりに力のないサーブをベネトーに攻められ、相手の強打にも押されて第1セットを4-6で落とす。

「(第1セット後に)いいプレーが戻り、後半はいいテニスができた。アグレッシブにいった」(錦織)と言うように、第2セット以降は主導権を握る。サーブが安定し、深いショットや相手の意表を突くドロップショットなど多彩な攻撃でベネトーを翻弄。「(左脇腹は)まだ痛みがある」と、依然として患部の状態に不安を残しながらも、3セットを連取して2年ぶり4度目の3回戦に駒を進めた。

 3回戦は世界ランキング42位のアンドレイ・クズネツォフ(25)と対戦する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る