錦織 逆転で2年ぶり3回戦進出「アグレッシブにいった」

公開日:  更新日:

 満身創痍の錦織圭(26)が逆転で3回戦進出を果たした。

 テニスのウィンブルドン選手権は30日(現地時間)、男子シングルス2回戦を行い、世界ランク6位で第5シードの錦織が同547位のジュリアン・ベネトー(34)と対戦。セットカウント3-1で下し、伝統の大会のメーン会場であるセンターコートで初勝利を挙げた。

 今大会を前に左脇腹を痛めてプレーに精彩を欠く錦織。試合前の練習コートでは七分程度の力でウオーミングアップを繰り返すなど、不安をのぞかせた。動きにキレのない錦織は、立ち上がりに力のないサーブをベネトーに攻められ、相手の強打にも押されて第1セットを4-6で落とす。

「(第1セット後に)いいプレーが戻り、後半はいいテニスができた。アグレッシブにいった」(錦織)と言うように、第2セット以降は主導権を握る。サーブが安定し、深いショットや相手の意表を突くドロップショットなど多彩な攻撃でベネトーを翻弄。「(左脇腹は)まだ痛みがある」と、依然として患部の状態に不安を残しながらも、3セットを連取して2年ぶり4度目の3回戦に駒を進めた。

 3回戦は世界ランキング42位のアンドレイ・クズネツォフ(25)と対戦する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る