• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

錦織 逆転で2年ぶり3回戦進出「アグレッシブにいった」

 満身創痍の錦織圭(26)が逆転で3回戦進出を果たした。

 テニスのウィンブルドン選手権は30日(現地時間)、男子シングルス2回戦を行い、世界ランク6位で第5シードの錦織が同547位のジュリアン・ベネトー(34)と対戦。セットカウント3-1で下し、伝統の大会のメーン会場であるセンターコートで初勝利を挙げた。

 今大会を前に左脇腹を痛めてプレーに精彩を欠く錦織。試合前の練習コートでは七分程度の力でウオーミングアップを繰り返すなど、不安をのぞかせた。動きにキレのない錦織は、立ち上がりに力のないサーブをベネトーに攻められ、相手の強打にも押されて第1セットを4-6で落とす。

「(第1セット後に)いいプレーが戻り、後半はいいテニスができた。アグレッシブにいった」(錦織)と言うように、第2セット以降は主導権を握る。サーブが安定し、深いショットや相手の意表を突くドロップショットなど多彩な攻撃でベネトーを翻弄。「(左脇腹は)まだ痛みがある」と、依然として患部の状態に不安を残しながらも、3セットを連取して2年ぶり4度目の3回戦に駒を進めた。

 3回戦は世界ランキング42位のアンドレイ・クズネツォフ(25)と対戦する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  2. 2

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  3. 3

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」好視聴率で健闘のワケ

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  6. 6

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  9. 9

    歌手・女優の坂本スミ子さん パルムドール表彰式の思い出

  10. 10

    テレ東「ラストチャンス」原作者 江上剛氏が見どころ語る

もっと見る