谷原秀人 ドラマなし“パープレー優勝”で3000万円の不相応

公開日: 更新日:

 パープレーで優勝とはいえ、優勝賞金3000万円、副賞は高級外車と、谷原は笑いが止まらない。そんな谷原をぜひ見たいというゴルフファンが少なかったのか、ギャラリー数は昨年最終日の5022人から3822人に激減した。

「本当につまらない試合でした」と、画家の山野辺進氏がこう続ける。

「朝、米ツアー『WGCブリヂストン招待』を見たのですが、同じゴルフでも、世界と日本ではここまで内容が違うのかと思いました。会場のファイアストーンCCは7400ヤード・パー70です。距離がたっぷりあって、深いラフに入ったら、ボールは見えません。そんなところから世界のトッププロたちはピンにピタリと寄せ、これぞプロという素晴らしいショットを随所に見せてくれます。一方、日本のプロはむしろアマチュアがやるようなミスばかりだからガッカリです。先月の全米オープンでは最終日に、皆スコアを伸ばして追い上げてくるから、優勝したD・ジョンソンも最後まで攻め続けた。ドライバーで届くパー4では果敢にワンオンを狙うから、ドラマが生まれた。日本はどうせパットを外すだろうなと思ったら、案の定、入らない。日本の試合からは緊張感が全く伝わってこないのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る