松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

森喜朗へのファンレター

公開日: 更新日:

 リオ五輪の選手壮行会で森喜朗が「国歌を歌わないのは代表選手じゃない」と言っちまった。

「キミたちはどうして大きく口を開けて国歌を歌わないのか?」

 なぜだと思うかいジイサン? それはな、おまえらが国会でやりたい放題やっておった頃に、「日の丸」がなぜ国旗で「君が代」がなぜ国歌なのか、ということをちゃんと議論せずになし崩しで法律にして、「みんななんとなく歌ってきたし、これでいいんじゃねえの?」と決めて、国民に何も説明しなかったからなのサ。諸説ある「君が代」の歌詞の解釈も、あいまいなまま、「ま、いいんじゃねえの?」と素通りした張本人が、今になって「なぜ大きく口を開けて国歌を歌わないのか?」なんぞと説教を垂れる資格がないんだよ、あんたには。

 物事のそもそもを若いやつにな~んも教えてやらんかったくせに「年寄りの決めたことにゃ従うのが当然だ!」と垂れるジイサンっているよな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  8. 8

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  9. 9

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  10. 10

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る