“浪速の黒豹”エムボマ語る 「EURO優勝はフランス」の根拠

公開日:  更新日:

「浪速の黒豹」と呼ばれてJリーグを席巻した元カメルーン代表FWエムボマ(45)。フランスのテレビ局「Canal+」でユーロの解説者を務めるエムボマをフランスとドイツが戦った準決勝の試合会場(マルセイユ)で直撃した。

「コンバンハ。ゲンキデスカ? ニホンゴ、スコシダケオボエテイマスヨ(笑い)。フランスはラッキーだった。前半終了間際にPKをもらえたからね。それにしても大会6得点のグリエスマンの活躍ぶりは、フランスが優勝できなくてもMVPにふさわしい。私はスペインリーグの解説もやっているが、(アトレティコ・マドリード所属の)彼がこの1年間、目覚ましい成長を遂げたことをよく知っている。今大会の活躍は納得だよ」

「決勝(日本時間11日午前4時キックオフ)はフランスが勝つと思う。ポルトガルはDFペペの出場が微妙だし、FWクリスティアーノ・ロナウドもベストじゃない。FWナニやMFクアレスマも絶対的な存在とは言えない。やはり総合力はフランスの方が上だよ。フランスにはグリエスマンという絶対的点取り屋、ポグバという違いを生み出せる選手もいるし、守備陣も頑張っている。ドイツ戦はGKロリスが良かった。DFウムティティは代表2試合なのに安定している。前向きな要素だね。もっとも、準決勝はドイツが2─1で勝つと思っていた。自分の予想なんて当てにならないモンだね(笑い)。とにかくサンドニでの決勝戦を楽しみにしているよ!」

(取材=サッカージャーナリスト・元川悦子)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る