仏が独破り決勝進出 グリエスマン&ポグバの際立つ存在感

公開日: 更新日:

「まるでドイツのように我慢に我慢を重ねたことが、フランス勝利の大きな要因となりました」

 こう話すのは元サッカーダイジェスト誌編集長の六川亨氏である。

 欧州選手権(ユーロ)準決勝でホスト国のフランスが、14年W杯王者のドイツと対戦した(日本時間8日午前4時キックオフ)。前半は圧倒的にドイツのペース。フランスは1トップのFWジルー、大会4得点の絶好調FWグリエスマンも自陣に引きこもり、守備に奔走するシーンばかり。ところが、前半のアディショナルタイムにフランスがPKを獲得。これをグリエスマンが冷静に蹴り込んだ。

 後半も試合の流れはドイツ。しかし、フランスの主軸MFポグバが27分、高い個人技からゴール前に絶妙クロスを放り込み、コボレ球に反応したグリエスマンが左足裏で押し込んだボールは、ドイツの名手GKノイアーの股間越しにゴールネットを揺らした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  2. 2

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  3. 3

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  4. 4

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  5. 5

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  8. 8

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  9. 9

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  10. 10

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る