仏が独破り決勝進出 グリエスマン&ポグバの際立つ存在感

公開日: 更新日:

「まるでドイツのように我慢に我慢を重ねたことが、フランス勝利の大きな要因となりました」

 こう話すのは元サッカーダイジェスト誌編集長の六川亨氏である。

 欧州選手権(ユーロ)準決勝でホスト国のフランスが、14年W杯王者のドイツと対戦した(日本時間8日午前4時キックオフ)。前半は圧倒的にドイツのペース。フランスは1トップのFWジルー、大会4得点の絶好調FWグリエスマンも自陣に引きこもり、守備に奔走するシーンばかり。ところが、前半のアディショナルタイムにフランスがPKを獲得。これをグリエスマンが冷静に蹴り込んだ。

 後半も試合の流れはドイツ。しかし、フランスの主軸MFポグバが27分、高い個人技からゴール前に絶妙クロスを放り込み、コボレ球に反応したグリエスマンが左足裏で押し込んだボールは、ドイツの名手GKノイアーの股間越しにゴールネットを揺らした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

もっと見る