短距離女王フェリックス 200m落選でも囁かれる“特例”出場説

公開日:  更新日:

 短距離女王がまさかの敗退だ。

 陸上の米国リオ五輪選考会(オレゴン州ユージーン)が10日(日本時間11日)に行われ、女子200メートル決勝でロンドン五輪金メダルのアリソン・フェリックス(30)が22秒54の4位に。すでに代表権を獲得している400メートルとの2種目での出場を逃したと米メディアが騒いでいる。

 リオで2種目の金を目指していたフェリックスは「ここで終わってしまったのは残念」と悔しさをにじませたが、あきらめるのは早計ではないか。

 今大会は左太もも裏を痛めている世界最速男のウサイン・ボルト(29=ジャマイカ)の他、組織的ドーピングで女子棒高跳びのイシンバエワ(34=ロシア)ら陸上界を代表する選手の出場が見送られる可能性もある。

 スター不在なら陸上の観客動員数やテレビ視聴率は低迷、国際オリンピック委員会(IOC)から各競技団体への分配金の目減りにつながりかねない。それだけは避けたい国際陸連(IAAF)が短距離女王のフェリックスを強引に出場させるというウワサがあるのだ。

 IAAFには各国の選考会で代表権を逃した選手を「招待枠」で出場させる特例がある。 “奥の手”を使ってフェリックスの2冠を後押しするというのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

もっと見る