• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

短距離女王フェリックス 200m落選でも囁かれる“特例”出場説

 短距離女王がまさかの敗退だ。

 陸上の米国リオ五輪選考会(オレゴン州ユージーン)が10日(日本時間11日)に行われ、女子200メートル決勝でロンドン五輪金メダルのアリソン・フェリックス(30)が22秒54の4位に。すでに代表権を獲得している400メートルとの2種目での出場を逃したと米メディアが騒いでいる。

 リオで2種目の金を目指していたフェリックスは「ここで終わってしまったのは残念」と悔しさをにじませたが、あきらめるのは早計ではないか。

 今大会は左太もも裏を痛めている世界最速男のウサイン・ボルト(29=ジャマイカ)の他、組織的ドーピングで女子棒高跳びのイシンバエワ(34=ロシア)ら陸上界を代表する選手の出場が見送られる可能性もある。

 スター不在なら陸上の観客動員数やテレビ視聴率は低迷、国際オリンピック委員会(IOC)から各競技団体への分配金の目減りにつながりかねない。それだけは避けたい国際陸連(IAAF)が短距離女王のフェリックスを強引に出場させるというウワサがあるのだ。

 IAAFには各国の選考会で代表権を逃した選手を「招待枠」で出場させる特例がある。 “奥の手”を使ってフェリックスの2冠を後押しするというのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る