短距離女王フェリックス 200m落選でも囁かれる“特例”出場説

公開日: 更新日:

 短距離女王がまさかの敗退だ。

 陸上の米国リオ五輪選考会(オレゴン州ユージーン)が10日(日本時間11日)に行われ、女子200メートル決勝でロンドン五輪金メダルのアリソン・フェリックス(30)が22秒54の4位に。すでに代表権を獲得している400メートルとの2種目での出場を逃したと米メディアが騒いでいる。

 リオで2種目の金を目指していたフェリックスは「ここで終わってしまったのは残念」と悔しさをにじませたが、あきらめるのは早計ではないか。

 今大会は左太もも裏を痛めている世界最速男のウサイン・ボルト(29=ジャマイカ)の他、組織的ドーピングで女子棒高跳びのイシンバエワ(34=ロシア)ら陸上界を代表する選手の出場が見送られる可能性もある。

 スター不在なら陸上の観客動員数やテレビ視聴率は低迷、国際オリンピック委員会(IOC)から各競技団体への分配金の目減りにつながりかねない。それだけは避けたい国際陸連(IAAF)が短距離女王のフェリックスを強引に出場させるというウワサがあるのだ。

 IAAFには各国の選考会で代表権を逃した選手を「招待枠」で出場させる特例がある。 “奥の手”を使ってフェリックスの2冠を後押しするというのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  5. 5

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  6. 6

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

  9. 9

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  10. 10

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

もっと見る