“2歩のズレ”が命取りに…リオ五輪新体操は超辛口ジャッジ

公開日: 更新日:

「しっかりと演技しても審判に(点を)取ってもらってない部分もあった」――。

 新体操日本代表のエース格である畠山愛理(21=日本女子体育大学)が採点への不満を漏らした。

 26日、日本体操協会は新体操のリオ五輪代表メンバー5人を発表。五輪の前哨戦となったW杯アゼルバイジャン・バクー大会(22~24日)の団体決勝ではリボンで全体5位となる18.100点をマーク。フープ・クラブと合わせて35.600点で総合6位に付けた。五輪では1種目につき18点台が入賞、メダル獲得ライン。本番に向けて弾みをつけたが、畠山が明かしたように審判のジャッジは厳しい。

 山崎浩子強化本部長によれば「五輪ではわずか2歩の差が明暗を分けることになる」と、こう解説する。

「例えばボールやリボンを投げてキャッチする際に1~2歩動いたり、足を180度に広げて静止する演技では、足の上げが足りないと今のルールでは得点としてカウントされないのです。細かいミスが重なればトータルで1点以上、取り損ねることにもなりかねないのです」

 先のW杯でもミスが目立ったという新体操団体。リオではたった2歩のズレが命取りになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  2. 2

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  5. 5

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  6. 6

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    左頬の刀傷と眼光…初めて生で見た安藤昇は想像以上の迫力

  9. 9

    嵐、小倉智昭、安藤優子…東京五輪“花道卒業”総崩れの後味

  10. 10

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

もっと見る