“2歩のズレ”が命取りに…リオ五輪新体操は超辛口ジャッジ

公開日:  更新日:

「しっかりと演技しても審判に(点を)取ってもらってない部分もあった」――。

 新体操日本代表のエース格である畠山愛理(21=日本女子体育大学)が採点への不満を漏らした。

 26日、日本体操協会は新体操のリオ五輪代表メンバー5人を発表。五輪の前哨戦となったW杯アゼルバイジャン・バクー大会(22~24日)の団体決勝ではリボンで全体5位となる18.100点をマーク。フープ・クラブと合わせて35.600点で総合6位に付けた。五輪では1種目につき18点台が入賞、メダル獲得ライン。本番に向けて弾みをつけたが、畠山が明かしたように審判のジャッジは厳しい。

 山崎浩子強化本部長によれば「五輪ではわずか2歩の差が明暗を分けることになる」と、こう解説する。

「例えばボールやリボンを投げてキャッチする際に1~2歩動いたり、足を180度に広げて静止する演技では、足の上げが足りないと今のルールでは得点としてカウントされないのです。細かいミスが重なればトータルで1点以上、取り損ねることにもなりかねないのです」

 先のW杯でもミスが目立ったという新体操団体。リオではたった2歩のズレが命取りになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る