• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

男子100kg級・羽賀龍之介は銅 “内股”へのこだわり裏目

 世界王者のせめてもの意地だった。

 11日(日本時間12日午前5時)の100キロ級3位決定戦で、昨夏の世界選手権覇者・羽賀龍之介(25)が三角絞めで一本勝ち。小内刈り、大内刈りの連続技で相手を崩すと、そのまま寝技に持ち込み、同階級では4大会ぶりのメダルとなる「銅」を手にした。これで男子柔道は、ここまでの5階級すべてでメダルを獲得。最低限の責任を果たした羽賀は、「目標は金メダルだけだった。そのモチベーションがなくなって苦しかったが、終わってみればメダルがあるのとないのとでは違うと思う。取れてよかった」と涙をこらえて話した。

 準々決勝でまさかの敗退。一昨年の世界王者で上背に勝るチェコのクルパレクの圧力に押され、伝家の宝刀とまでいわれる得意の内股を出そうにも、十分な組み手すら取れなかった。2度の指導を受けて優勢負け。消化不良のまま、五輪制覇への挑戦が終わっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  5. 5

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る