男子100kg級・羽賀龍之介は銅 “内股”へのこだわり裏目

公開日:  更新日:

 世界王者のせめてもの意地だった。

 11日(日本時間12日午前5時)の100キロ級3位決定戦で、昨夏の世界選手権覇者・羽賀龍之介(25)が三角絞めで一本勝ち。小内刈り、大内刈りの連続技で相手を崩すと、そのまま寝技に持ち込み、同階級では4大会ぶりのメダルとなる「銅」を手にした。これで男子柔道は、ここまでの5階級すべてでメダルを獲得。最低限の責任を果たした羽賀は、「目標は金メダルだけだった。そのモチベーションがなくなって苦しかったが、終わってみればメダルがあるのとないのとでは違うと思う。取れてよかった」と涙をこらえて話した。

 準々決勝でまさかの敗退。一昨年の世界王者で上背に勝るチェコのクルパレクの圧力に押され、伝家の宝刀とまでいわれる得意の内股を出そうにも、十分な組み手すら取れなかった。2度の指導を受けて優勢負け。消化不良のまま、五輪制覇への挑戦が終わっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る