ハリルに届いたか マインツ武藤がEL初ゴールでアピール

公開日:  更新日:

 欧州でプレーする日本代表の中で数少ない「出番あり組」のドイツ・マインツ所属のFW武藤嘉紀(24)。10月のW杯最終予選2連戦の代表メンバーが29日に発表されたが、もちろん武藤の名前も代表リストに入っていた。

 代表ではサブに甘んじているが、レギュラー組のミランMF本田圭佑(30)、ドルトムントMF香川真司(27)、レスターFW岡崎慎司(30)が所属クラブで出番を失っている今、1点でも多くのゴールを決めてハリルホジッチ代表監督にアピールしたいところ。

 さっそくチャンスが巡ってきた。日本時間29日深夜キックオフの欧州リーグ(EL)のガバラ(アゼルバイジャン)戦の先発に起用されたのだ。

 前半41分に見せ場がやってきた。味方からの縦パスに好反応。絶妙トラップで相手DFのマークを外し、ペナルティーエリア内・左45度の位置から左足でシュート。ゴール右に先制ゴールをねじ込んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る