2年ぶりに8強逃す 錦織がファイナルに不安残す逆転負け

公開日: 更新日:

 悲願のタイトル獲得はならなかった。

 男子テニスのマスターズ・パリ大会(フランス)は3日(日本時間4日)、シングルス3回戦を行い、世界ランキング4位で第5シードの錦織圭(26)が同13位で第11シードのジョーウィルフリード・ツォンガ(31=フランス)にセットカウント1-2の逆転負け。今季、目標に掲げていたトップ選手が多く出場する「マスターズ1000」での優勝はならなかった。

 地元ファンによるツォンガへの声援が集中し、完全アウェーの中、先手を取ったのは錦織だった。立ち上がりはサーブに精彩を欠くなど相手のミスもあり、第1ゲームでいきなりブレークに成功。第3、5ゲームも連続してブレークを決めると、相手に1ゲームも与えず、わずか22分で先取した。

 しかし、第2セットは一転してツォンガのペース。188センチの長身から繰り出す力強いサーブに本来のキレが戻り、随所にサービスエースを決められるなど、圧倒された、第6ゲームではミスショットが響いてラブゲームでブレークを許した。第9ゲームは相手の強烈なショットに押され、ミスを連発。このセットを落とした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  4. 4

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  9. 9

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

  10. 10

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

もっと見る