2年ぶりに8強逃す 錦織がファイナルに不安残す逆転負け

公開日: 更新日:

 悲願のタイトル獲得はならなかった。

 男子テニスのマスターズ・パリ大会(フランス)は3日(日本時間4日)、シングルス3回戦を行い、世界ランキング4位で第5シードの錦織圭(26)が同13位で第11シードのジョーウィルフリード・ツォンガ(31=フランス)にセットカウント1-2の逆転負け。今季、目標に掲げていたトップ選手が多く出場する「マスターズ1000」での優勝はならなかった。

 地元ファンによるツォンガへの声援が集中し、完全アウェーの中、先手を取ったのは錦織だった。立ち上がりはサーブに精彩を欠くなど相手のミスもあり、第1ゲームでいきなりブレークに成功。第3、5ゲームも連続してブレークを決めると、相手に1ゲームも与えず、わずか22分で先取した。

 しかし、第2セットは一転してツォンガのペース。188センチの長身から繰り出す力強いサーブに本来のキレが戻り、随所にサービスエースを決められるなど、圧倒された、第6ゲームではミスショットが響いてラブゲームでブレークを許した。第9ゲームは相手の強烈なショットに押され、ミスを連発。このセットを落とした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

  10. 10

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

もっと見る