釜本邦茂
著者のコラム一覧
釜本邦茂日本サッカー協会顧問

1944年4月15日生まれ。京都市出身。早稲田大2年で日本代表入り。64年東京五輪に続いて出場した68年メキシコ五輪で得点王を獲得。銅メダル獲得の原動力となった。日本代表Aマッチ76試合75得点(B、Cマッチを含めると231試合153得点)。Jリーグ発足後はG大阪初代監督。98年に日本サッカー協会副会長。95年から参議院議員を務めた。

代表新戦力や若手は今後もベテランをガンガン突き上げて

公開日:

 それにしても、終了間際の失点は余計だった。

 W杯最終予選B組2位のオーストラリアが、最下位のタイと引き分けたことでサウジアラビア戦(15日)を2─1でモノにした日本が、W杯出場圏内の2位に繰り上がった。しかし、2─0で勝っていれば首位のサウジを得失点差で上回り、首位に立っていた。サウジ戦で最終予選の前半戦を折り返し、次の試合は来年3月23日の敵地でのUAE戦だ。やはり約4カ月を「B組首位」として過ごす方が、精神衛生上もいいに決まっている。

 まぁ~いつまでもボヤいていても仕方ない。頭を切り替え、この中断期間に日本代表の方向性をどうするのか、真剣に考えないといけない。

 11日の親善試合オマーン戦、サウジ戦に招集された代表選手は「3グループ」に分けられる。

 10年南アW杯、14年ブラジルW杯で主軸だったGK川島永嗣(33)、MF長谷部誠(32)、30歳のFW本田圭佑、FW岡崎慎司、DF長友佑都といったベテラン勢。代表20試合以下のFW大迫勇也(26)、FW原口元気(25)ら新戦力。そして24歳の小林祐希、22歳のFW久保裕也、FW浅野拓磨、20歳のMF井手口陽介ら若手組である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る