元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

原口元気の「今」 ハリルJの救世主に何が起きているのか

公開日: 更新日:

 2018年ロシアW杯アジア最終予選で4試合連続でゴールを決めた原口元気(25)。あの不世出のストライカー釜本邦茂も、キング三浦カズもなし得なかった「最終予選4連発男」は、ハリルホジッチ日本代表監督の救世主としての地位を確保したと言っていい。

 ドイツ3年目を迎えた今季は所属ヘルタ・ベルリンで開幕からリーグ9戦フル出場。ところが「10節くらいまではものすごく良い感触でプレーできていたが、日本代表のサウジアラビア戦(2016年11月15日)以降、パフォーマンスがあまり良くない」と自身も認める通り、出場時間が減少して12月11日のブレーメン戦(14節)は今季初の出番なしに終わり、16年最後のダルムシュタット戦(22日=16節)は後半46分からの交代出場だった。12月8日の欧州チャンピオンズリーグ(CL)リヨンーセビリア戦を皮切りに日本代表欧州組の現地取材に出向いたサッカージャーナリストの元川悦子氏が、かねて取材を続けていた原口の「今」に迫った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  8. 8

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る