元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)」「「いじらない」育て方~親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」など。

原口元気の「今」 ハリルJの救世主に何が起きているのか

公開日: 更新日:

 2018年ロシアW杯アジア最終予選で4試合連続でゴールを決めた原口元気(25)。あの不世出のストライカー釜本邦茂も、キング三浦カズもなし得なかった「最終予選4連発男」は、ハリルホジッチ日本代表監督の救世主としての地位を確保したと言っていい。

 ドイツ3年目を迎えた今季は所属ヘルタ・ベルリンで開幕からリーグ9戦フル出場。ところが「10節くらいまではものすごく良い感触でプレーできていたが、日本代表のサウジアラビア戦(2016年11月15日)以降、パフォーマンスがあまり良くない」と自身も認める通り、出場時間が減少して12月11日のブレーメン戦(14節)は今季初の出番なしに終わり、16年最後のダルムシュタット戦(22日=16節)は後半46分からの交代出場だった。12月8日の欧州チャンピオンズリーグ(CL)リヨンーセビリア戦を皮切りに日本代表欧州組の現地取材に出向いたサッカージャーナリストの元川悦子氏が、かねて取材を続けていた原口の「今」に迫った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  3. 3

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

  6. 6

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  7. 7

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る