元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

原口元気の「今」 ハリルJの救世主に何が起きているのか

公開日: 更新日:

 2018年ロシアW杯アジア最終予選で4試合連続でゴールを決めた原口元気(25)。あの不世出のストライカー釜本邦茂も、キング三浦カズもなし得なかった「最終予選4連発男」は、ハリルホジッチ日本代表監督の救世主としての地位を確保したと言っていい。

 ドイツ3年目を迎えた今季は所属ヘルタ・ベルリンで開幕からリーグ9戦フル出場。ところが「10節くらいまではものすごく良い感触でプレーできていたが、日本代表のサウジアラビア戦(2016年11月15日)以降、パフォーマンスがあまり良くない」と自身も認める通り、出場時間が減少して12月11日のブレーメン戦(14節)は今季初の出番なしに終わり、16年最後のダルムシュタット戦(22日=16節)は後半46分からの交代出場だった。12月8日の欧州チャンピオンズリーグ(CL)リヨンーセビリア戦を皮切りに日本代表欧州組の現地取材に出向いたサッカージャーナリストの元川悦子氏が、かねて取材を続けていた原口の「今」に迫った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  4. 4

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  7. 7

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  8. 8

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  9. 9

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  10. 10

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

もっと見る