• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

50歳P・マークセンが逆転V 羽川豊プロが見た強さの秘密

【SMBCシンガポールオープン】

 最終日は前日サスペンデッドの残りを消化し、そのまま同じペアリングで最終ラウンドに突入した。そして最終組から9組前でプレーした昨季日本シニア賞金王のプラヤド・マークセン(50=タイ)が67をマークして通算9アンダーでホールアウト。後続組が追いつけず、ツアー通算6勝目と全英オープン出場権を手に入れた。

「疲れたけど勝ててうれしい。早くホールアウトしてクラブハウスで休んでいたら、みんなのスコアが伸びずにビックリした」(マークセン)

 日本シニアツアーで共に戦う羽川豊プロがマークセンの強さをこう語る。

「どんなに狭いコースでもショットが曲がらずに、ドライバーは低めの弾道で280~290ヤードと飛距離が出るのがマークセンの強みです。少しでも曲げるとクリークにつかまる会場との相性もよかった。パットが入ったら、いつでも勝てるだけの実力がある。すでにシニア年齢ですが、シンガポールという暖かい会場で試合が行われて体が動きやすかったのもよかったのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  6. 6

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  7. 7

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る