50歳P・マークセンが逆転V 羽川豊プロが見た強さの秘密

公開日:  更新日:

【SMBCシンガポールオープン】

 最終日は前日サスペンデッドの残りを消化し、そのまま同じペアリングで最終ラウンドに突入した。そして最終組から9組前でプレーした昨季日本シニア賞金王のプラヤド・マークセン(50=タイ)が67をマークして通算9アンダーでホールアウト。後続組が追いつけず、ツアー通算6勝目と全英オープン出場権を手に入れた。

「疲れたけど勝ててうれしい。早くホールアウトしてクラブハウスで休んでいたら、みんなのスコアが伸びずにビックリした」(マークセン)

 日本シニアツアーで共に戦う羽川豊プロがマークセンの強さをこう語る。

「どんなに狭いコースでもショットが曲がらずに、ドライバーは低めの弾道で280~290ヤードと飛距離が出るのがマークセンの強みです。少しでも曲げるとクリークにつかまる会場との相性もよかった。パットが入ったら、いつでも勝てるだけの実力がある。すでにシニア年齢ですが、シンガポールという暖かい会場で試合が行われて体が動きやすかったのもよかったのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る