新コース「東京マラソン」の注目は外国勢の世界記録

公開日:

 感動のゴールは見られるか。

 26日号砲の東京マラソンは、8月の世界陸上(ロンドン)男子マラソン代表選考会を兼ねている。日本選手は切符取りのため目の色変えて走るだろうが、そんな日本選手たちのはるか前方を走っているであろうアフリカ勢の記録狙いの方が注目に値する。

 今年は世界歴代4位の2時間3分13秒(16年ベルリン)の記録を持つウィルソン・キプサング(34・ケニア)の他に、2時間4分台のアフリカ勢4人も参戦する。昨年までとはコースが大きく変わり、35キロすぎの大きなアップダウンがなくなったことで、好記録が期待できることが大きいようだ。

■優勝と世界記録で4100万円

 何しろ優勝すれば賞金は1100万円(2位400万円、3位200万円)。もしも、D・キメット(33・ケニア)の持つ14年ベルリンでの2時間2分57秒という世界記録を更新すれば3000万円のボーナスも出る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る