新コース「東京マラソン」の注目は外国勢の世界記録

公開日: 更新日:

 感動のゴールは見られるか。

 26日号砲の東京マラソンは、8月の世界陸上(ロンドン)男子マラソン代表選考会を兼ねている。日本選手は切符取りのため目の色変えて走るだろうが、そんな日本選手たちのはるか前方を走っているであろうアフリカ勢の記録狙いの方が注目に値する。

 今年は世界歴代4位の2時間3分13秒(16年ベルリン)の記録を持つウィルソン・キプサング(34・ケニア)の他に、2時間4分台のアフリカ勢4人も参戦する。昨年までとはコースが大きく変わり、35キロすぎの大きなアップダウンがなくなったことで、好記録が期待できることが大きいようだ。

■優勝と世界記録で4100万円

 何しろ優勝すれば賞金は1100万円(2位400万円、3位200万円)。もしも、D・キメット(33・ケニア)の持つ14年ベルリンでの2時間2分57秒という世界記録を更新すれば3000万円のボーナスも出る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  8. 8

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  9. 9

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  10. 10

    格差容認、中韓嫌い 安倍4選を支持する強固な3割の正体

もっと見る