• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新コース「東京マラソン」の注目は外国勢の世界記録

 感動のゴールは見られるか。

 26日号砲の東京マラソンは、8月の世界陸上(ロンドン)男子マラソン代表選考会を兼ねている。日本選手は切符取りのため目の色変えて走るだろうが、そんな日本選手たちのはるか前方を走っているであろうアフリカ勢の記録狙いの方が注目に値する。

 今年は世界歴代4位の2時間3分13秒(16年ベルリン)の記録を持つウィルソン・キプサング(34・ケニア)の他に、2時間4分台のアフリカ勢4人も参戦する。昨年までとはコースが大きく変わり、35キロすぎの大きなアップダウンがなくなったことで、好記録が期待できることが大きいようだ。

■優勝と世界記録で4100万円

 何しろ優勝すれば賞金は1100万円(2位400万円、3位200万円)。もしも、D・キメット(33・ケニア)の持つ14年ベルリンでの2時間2分57秒という世界記録を更新すれば3000万円のボーナスも出る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  2. 2

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  3. 3

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  8. 8

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

もっと見る