台湾を3者連続三振 リリーフ左腕・宮西が語った“手応え”

公開日:  更新日:

 WBC日本代表投手陣の中で、きらりと光ったのがリリーフ左腕の宮西尚生(31=日本ハム)。28日の台湾プロ選抜戦の七回から4番手で登板。キレのある変化球を武器に、1回を3者連続三振に斬って取った。日本ハム入団以来、9年連続50試合登板のタフネスは、小久保監督から「左キラー」として期待されている。その宮西に、前回登板のことを中心に話を聞いた。

――1イニングをピシャリと抑えた。

「もう一段、WBC球を操れるようになればとは思いますけど、僕はコントロールが良い投手じゃないし、荒れ球をうまく利用できたかなと思いますね」

――初めての登板で得たものは?

「変に色気を出してやるより、自分がやってきたことを素直に出すことがいいと思った。WBCのために何か変わったことをするのではなく、シーズンと同じようにプレーすることが大事ではないかと。昨年の成績を見て選んでもらっていると思いますから。いかに自分の投球パターンを崩さずにやれるか。僕の場合だと右打者は外の出し入れ、左打者だと外のスライダーを有効に使うという感じです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

もっと見る