• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

台湾を3者連続三振 リリーフ左腕・宮西が語った“手応え”

 WBC日本代表投手陣の中で、きらりと光ったのがリリーフ左腕の宮西尚生(31=日本ハム)。28日の台湾プロ選抜戦の七回から4番手で登板。キレのある変化球を武器に、1回を3者連続三振に斬って取った。日本ハム入団以来、9年連続50試合登板のタフネスは、小久保監督から「左キラー」として期待されている。その宮西に、前回登板のことを中心に話を聞いた。

――1イニングをピシャリと抑えた。

「もう一段、WBC球を操れるようになればとは思いますけど、僕はコントロールが良い投手じゃないし、荒れ球をうまく利用できたかなと思いますね」

――初めての登板で得たものは?

「変に色気を出してやるより、自分がやってきたことを素直に出すことがいいと思った。WBCのために何か変わったことをするのではなく、シーズンと同じようにプレーすることが大事ではないかと。昨年の成績を見て選んでもらっていると思いますから。いかに自分の投球パターンを崩さずにやれるか。僕の場合だと右打者は外の出し入れ、左打者だと外のスライダーを有効に使うという感じです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  2. 2

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  3. 3

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

  7. 7

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  8. 8

    遺族の感情逆なで 堀内議員“高プロ”強行採決で大ハシャギ

  9. 9

    日ロ会談は成果ゼロ プーチンに見切られた安倍首相の末路

  10. 10

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

もっと見る