フルセット激闘の錦織 8強入りも膝故障で準々決勝に不安

公開日: 更新日:

 テニスのマイアミ・オープン(米フロリダ州)は28日(日本時間29日)、男子シングルス4回戦を行い、世界ランキング4位で第2シードの錦織圭(27)が同57位のフェデリコ・デルボニス(26=アルゼンチン)を2-1で下し、フルセットの末、4年連続のベスト8進出。マスターズ初制覇に向け順当に勝ち上がったが、不安を露呈した。

 危なげない試合運びで第1セットを先取した錦織に異変が生じたのは第2セットの途中だった。第3ゲームで先にブレークを許すと左膝の異常を訴え、「メディカルタイムアウト」を取った。トレーナーによる治療を受けてコートに戻ったが、プレーに精彩を欠き、このセットを落とした。第3セットは2度のブレークを決めて逃げ切ったものの、準々決勝以降に不安を残した。

 錦織は3回戦で世界ランク30位のベルダスコ相手にフルセットの末に辛勝。2戦連続でロングマッチを強いられ、錦織の肉体は早くも悲鳴をあげたのか。

▽錦織のコメント
「2セット目から膝が痛くなったが、3セット目は何とかこらえられた。様子を見ながら治療したい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  10. 10

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る