フルセット激闘の錦織 8強入りも膝故障で準々決勝に不安

公開日: 更新日:

 テニスのマイアミ・オープン(米フロリダ州)は28日(日本時間29日)、男子シングルス4回戦を行い、世界ランキング4位で第2シードの錦織圭(27)が同57位のフェデリコ・デルボニス(26=アルゼンチン)を2-1で下し、フルセットの末、4年連続のベスト8進出。マスターズ初制覇に向け順当に勝ち上がったが、不安を露呈した。

 危なげない試合運びで第1セットを先取した錦織に異変が生じたのは第2セットの途中だった。第3ゲームで先にブレークを許すと左膝の異常を訴え、「メディカルタイムアウト」を取った。トレーナーによる治療を受けてコートに戻ったが、プレーに精彩を欠き、このセットを落とした。第3セットは2度のブレークを決めて逃げ切ったものの、準々決勝以降に不安を残した。

 錦織は3回戦で世界ランク30位のベルダスコ相手にフルセットの末に辛勝。2戦連続でロングマッチを強いられ、錦織の肉体は早くも悲鳴をあげたのか。

▽錦織のコメント
「2セット目から膝が痛くなったが、3セット目は何とかこらえられた。様子を見ながら治療したい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  7. 7

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  8. 8

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る