ようやく2号弾 竜ビシエドは日本で打つしか生きる道なし

公開日: 更新日:

「久しぶりにいい感触で打つことができた」

 中日のビシエドが26日のヤクルト戦で、一時は勝ち越しとなる特大の2号ソロを放ち、笑顔を見せた。

 昨季22本塁打の大砲助っ人も、今季は開幕から不振が続き、初アーチが出るまで17試合を要した。去る24日には休日を召し上げられ、練習に参加させられたほど。一発を打ったとはいえ打率.213。まだまだ中軸としては物足りないのが現状だ。

 来日1年目の昨季は開幕から打ちまくり、打率.347、9本塁打、23打点で3~4月の月間MVPを受賞。桁違いのパワフルな打撃にファンは度肝を抜かれ、日本で活躍してメジャーに「Uターン」してもおかしくないという声も聞かれたほどだった。

「ただもう、メジャーでの働き場所はないでしょう」と、メジャースカウトがこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

  5. 5

    夫婦別姓「結婚しなくていい」ヤジはやはり杉田水脈議員

  6. 6

    職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  9. 9

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  10. 10

    立憲と国民は児童会か 合流破談で完全に国民に見放される

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る