ようやく2号弾 竜ビシエドは日本で打つしか生きる道なし

公開日:

「久しぶりにいい感触で打つことができた」

 中日のビシエドが26日のヤクルト戦で、一時は勝ち越しとなる特大の2号ソロを放ち、笑顔を見せた。

 昨季22本塁打の大砲助っ人も、今季は開幕から不振が続き、初アーチが出るまで17試合を要した。去る24日には休日を召し上げられ、練習に参加させられたほど。一発を打ったとはいえ打率.213。まだまだ中軸としては物足りないのが現状だ。

 来日1年目の昨季は開幕から打ちまくり、打率.347、9本塁打、23打点で3~4月の月間MVPを受賞。桁違いのパワフルな打撃にファンは度肝を抜かれ、日本で活躍してメジャーに「Uターン」してもおかしくないという声も聞かれたほどだった。

「ただもう、メジャーでの働き場所はないでしょう」と、メジャースカウトがこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る