• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

見せ場なく錦織3回戦敗退 全仏に不安残すストレート負け

 難敵相手に見せ場はほとんどつくれなかった。

 テニスのイタリア国際(ローマ)は18日(日本時間19日未明)、男子シングルス戦を行い、世界ランキング9位で第7シードの錦織圭(27)は、同34位のフアンマルティン・デルポトロ(28=アルゼンチン)と対戦。6-7、3-6のストレートで敗れ、3回戦で姿を消した。

 前回のマドリード・オープンで痛めた右手首の状態は、やはり万全ではないのだろう。2009年全米オープン王者に圧倒されっぱなしだった。

 第1セットは第1サーブが決まらず、先にブレークを許す苦しい展開。ストローク戦で持ち前の粘りを発揮してタイブレークに持ち込んだが、相手の強烈なフォアハンドに翻弄されて第1セットを落とす。

 第2セットはネットプレーを仕掛けるなど、攻撃のリズムを変えて主導権を握りかけたが、サーブ、ショットで上回る相手に逆にはね返された。このセットも相手に先をブレークされ、結局、流れを引き寄せられないままゲームセット。3年連続での準々決勝進出を逃した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る