五島誉博は予選落ち…「ゴシマ」に足りない“あと半歩”

公開日:  更新日:

 世界選手権(10月=カナダ・モントリオール)の代表選考会を兼ねた、体操全日本個人総合選手権が7日に開幕。初日は男女予選が行われ、10連覇を狙う内村、白井らリオ五輪団体金メダルメンバーが順当に9日の決勝に駒を進めた。

 一方、結果が振るわなかったのが仙台大の五島誉博(21)だ。今大会を前に白井の「シライ3」(跳馬)とともに床運動の「前方伸身宙返り3回半ひねり」が「ゴシマ」と認定されるも、6種目合計81・400点の43位で予選落ちとなった。

 体調不良で直前に「ゴシマ」を封印した五島だが、自身の名を冠した大技は最高G難度。国際大会の種目別では白井とともに表彰台も不可能ではないが、その白井とは半歩の差があるという。

 体操関係者によれば、五島は大技に移行する際に半身で入り、着地では半歩ずれる悪癖がある。出来栄えが重視される新ルールでは、2つのミスを合わせて1点減点される可能性がある。床で世界を狙う五島には「半歩」が高い壁になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る