五島誉博は予選落ち…「ゴシマ」に足りない“あと半歩”

公開日: 更新日:

 世界選手権(10月=カナダ・モントリオール)の代表選考会を兼ねた、体操全日本個人総合選手権が7日に開幕。初日は男女予選が行われ、10連覇を狙う内村、白井らリオ五輪団体金メダルメンバーが順当に9日の決勝に駒を進めた。

 一方、結果が振るわなかったのが仙台大の五島誉博(21)だ。今大会を前に白井の「シライ3」(跳馬)とともに床運動の「前方伸身宙返り3回半ひねり」が「ゴシマ」と認定されるも、6種目合計81・400点の43位で予選落ちとなった。

 体調不良で直前に「ゴシマ」を封印した五島だが、自身の名を冠した大技は最高G難度。国際大会の種目別では白井とともに表彰台も不可能ではないが、その白井とは半歩の差があるという。

 体操関係者によれば、五島は大技に移行する際に半身で入り、着地では半歩ずれる悪癖がある。出来栄えが重視される新ルールでは、2つのミスを合わせて1点減点される可能性がある。床で世界を狙う五島には「半歩」が高い壁になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  10. 10

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る