糸原は負傷し西岡ポロリ…阪神“エラー連鎖”で守備崩壊

公開日:

 落胆の声も聞かれなかった。

 阪神は同点の八回、4番手マテオ、5番手山本の乱調で一挙8失点。ここで勝負ありとなったが、バックの守りもひどかった。遊撃の糸原は八回2死一塁から、バティスタの放った遊撃後方への飛球をグラブの土手に当てて落球。その際、右膝をひねったようで起き上がれず担架でベンチに下がった。多少は浜風の影響があったとしても、ホームグラウンドなら言い訳もできない。

 九回には、この日中堅に入った西岡が安部の右中間の飛球に追いつきながらポロリ。これで気落ちしたのか、6番手の岩崎はエルドレッドの犠飛で1点を失うと、田中のゴロをはじく。記録は内野安打でも、普通の守備力があれば何でもない投ゴロだった。岩崎はその後、四球や連打で3点を許し、七回まで3―3の接戦が、終わってみれば3―14のボロ試合となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る