稀勢の里と大谷翔平のケガ 今後の競技人生を左右する根拠

公開日: 更新日:

 7月場所で2場所連続途中休場の不名誉にまみれた横綱稀勢の里(31)。

 3月場所で負った「左上腕二頭筋、左大胸筋の損傷」の影響は明らかで、先場所、7月場所と得意の左を満足に使えないまま休場した。

 稀勢の里自身は慎重に慎重を重ね、稽古を積んできたつもりだったのだろう。上体のケガをカバーするため、下半身強化にも取り組んだ。しかし、7月場所5日目、勢に敗れ土俵下に転落し「左足関節靱帯損傷」で全治3週間。結果として新たなケガを増やしただけだった。

 3月場所の日馬富士戦で負傷した直後、角界内では「5月場所は無理をしない方がいい」という声もあった。さらに5月場所後の横綱審議委員会でも「土俵に上がる以上、万全の体をつくってほしい」と、7月場所は休場してでも治療と稽古に専念してほしいという要望が出たほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  3. 3

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  6. 6

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    フリーアナ古瀬絵理さんが酔うと…捕獲された宇宙人に?

  9. 9

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  10. 10

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

もっと見る