• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

稀勢の里と大谷翔平のケガ 今後の競技人生を左右する根拠

 7月場所で2場所連続途中休場の不名誉にまみれた横綱稀勢の里(31)。

 3月場所で負った「左上腕二頭筋、左大胸筋の損傷」の影響は明らかで、先場所、7月場所と得意の左を満足に使えないまま休場した。

 稀勢の里自身は慎重に慎重を重ね、稽古を積んできたつもりだったのだろう。上体のケガをカバーするため、下半身強化にも取り組んだ。しかし、7月場所5日目、勢に敗れ土俵下に転落し「左足関節靱帯損傷」で全治3週間。結果として新たなケガを増やしただけだった。

 3月場所の日馬富士戦で負傷した直後、角界内では「5月場所は無理をしない方がいい」という声もあった。さらに5月場所後の横綱審議委員会でも「土俵に上がる以上、万全の体をつくってほしい」と、7月場所は休場してでも治療と稽古に専念してほしいという要望が出たほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  5. 5

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  9. 9

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  10. 10

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

もっと見る