• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
井箟重慶
著者のコラム一覧
井箟重慶オリックス元球団代表

1935年、岐阜県出身。上智大学外国語学部卒。59年、丸善石油入社。77年、米国丸善石油(現米国コスモ石油)に出向し、88年、副社長で退社。89年、オリックスの球団幹部一般公募に応募し、球団常務として入社。90年、球団代表就任。96年、日本一に。2000年、シーズン終了後に辞任。01~02年、球団顧問。07~11年、スペシャルアドバイザー。02年から関西国際大学教授を務め、現在は名誉教授。

難航した東海大付属校の強打者獲得 切り札は原貢氏だった

東海大グループのドンだった原貢氏(C)日刊ゲンダイ

■監督とブローカーに300万円ずつ

 オリックスがかつて、ドラフトで東海大の付属校のスラッガーを獲得しようとしたときの話だ。

 当初、流敏晴スカウトが担当したものの、らちが明かない。野球部監督によれば、スラッガーは子供の…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事