井箟重慶
著者のコラム一覧
井箟重慶オリックス元球団代表

1935年、岐阜県出身。上智大学外国語学部卒。59年、丸善石油入社。77年、米国丸善石油(現米国コスモ石油)に出向し、88年、副社長で退社。89年、オリックスの球団幹部一般公募に応募し、球団常務として入社。90年、球団代表就任。96年、日本一に。2000年、シーズン終了後に辞任。01~02年、球団顧問。07~11年、スペシャルアドバイザー。02年から関西国際大学教授を務め、現在は名誉教授。

「10年は手放さない」宮内オーナーにハッパをかけられた

公開日: 更新日:
オリックス・宮内オーナー(右)/(C)日刊ゲンダイ

 日本のプロ野球界には無駄も多い。例えば遠征時の移動だ。

 総勢54、55人くらい。首脳陣と選手で30人ほど。これに裏方が加わる。バッティングピッチャーとか、ブルペンキャッチャーとか、そういった連中まで新幹線のグリーン車に乗って移動していた。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  2. 2

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  7. 7

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  8. 8

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  9. 9

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

  10. 10

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

もっと見る